はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

「家族愛」<日干支読み>2018年1月13日【乙巳】「倒挿の花」【天恍星】「草華」

f:id:hatayan1214:20180113105213j:plain

<日干支読み>2018年1月13日【乙巳】「倒挿の花」【天恍星】「草華」

本日の干支は乙木巳火ですね。
乙は自然界では「草木」
巳は「田園」「田畑」「平地」、季節は「初夏」で時期は「新暦の五月」です。


本日の昇運情報

f:id:hatayan1214:20180113101457j:plain
おはようございます!
本日は「口は災いの元」を意識して過ごしてみてはいかがでしょうか?
口論による障害に注意が必要です。
 

本日は「南西」が最良方位になります(財運○、人間関係○)
習い事、芸事の習得にはまたとない方位となります。
この方位での仕事や面接も良い結果を得られるでしょう。 

  
もた、改革・変化の気も備えた方角でもあります。
状況を打開したい、自己変化を起こしたい方はこの方角に足を伸ばしてみることをお勧めします。

 
昇運スポット:山、草原、自然

昇運カラー:ゴールド、赤、黒、緑

昇運ナンバー:8、9、4、1
 
 
※南西の方角で赤い色のスペースで一刻(2時間未満)程時間を過ごすと全体運が向上するでしょう。 

 
吉時間・出発時間
○1時〜3時
○7時〜9時
○19時〜21時
○21時〜23時 
 

本日の干支のイメージ画像

f:id:hatayan1214:20170518101723j:plain
「バリ島 初夏の田園風景」


日干支の力

「干支」は「時間」と「空間」から成り立っています。
私たちは「日干支」の「時間」と「空間」が持つ運勢に影響を受けます。
干支が表す自然図や画像は、その日の「気」を意味します。
「日干支」が持つエネルギー、メッセージと同調する事で「生き易く」「活力を得る」ことができます。
「人間」は「自然」そのものだからです。



☞本日の「空間」からのメッセージ

本日は「いくら心理的・物理的抵抗が強くても、断固として新しい生活や習慣・新しい体制の創造に集中すべき時」というメッセージです。古い生活習慣・パターンを打ち破って、従来の生き方に一区切りをつけ、新たな創造活動に入る時だと今日の空間が教えてくれています。枝葉末節な事よりも、シンプルに人生のテーマを優先してください。そしてシンプルになって新気を呼びこみ運勢を味方にしましょう。本日の時空はパートナー、お子様、家族を大切にすることで運勢が向上する気を備えています。本日も私のブログを読んで頂きましてありがとがとうございます。


目 次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


☞「乙巳」のポイント

「乙巳(いつし)」は、いくら抵抗が強くても、断固として新しい生活や、新しい体制の創造に集中すべきことを表しています。
「乙」は、草木の芽が固い殻を破って外に出たものの。まだまだ陰気が強くて、寒気のために軋(きし)みながら伸び悩んでいる形を表しています。
人事で言えば、春の陽気に連れて、新しい出発をしたものの、いろいろ困難な問題が出てきて、立ち往生していることです。
「巳」は冬眠していた蛇、が暖気に目覚めて地上に出て、いよいよい新しい生活を始める様を表しています。
そして、いくら抵抗が強くても、冬眠から覚めた蛇が、新しい生活を地上で始めるように、古い生活習慣を打ち破って、従来の生き方に一区切りをつけ、新たな創造活動に入るのが「巳」の意味するところです。

「乙巳」が持つ「性格」と「未来」

「六十花甲子」の「性格」と「未来」についてです。「干支」自体が所有する「性質」です。

「性格」

この宿命は大変きらびやかで魅力に溢れています。「女神の星」と呼ばれます。ところが、その華やかさで明るい表面に比例するように、この生まれの内心は感受性の鋭い寂しがり屋で、不安定な心を持て余しています。この傾向は子供の時代から続き、いつも明るい外見にとらわれていると、内に秘めた暗い孤独感を見過ごしてしまいます。子供頃に両親が正しくその内面を理解し、それに沿った育て方をしたかどうかで、この生まれの人生は大きく左右されることになります。

「未来」

華やかな人でスノで、舞踊などの芸能の方面に進むとようです。また「海外雄飛の運」を持っているので、海外へのチャンスを掴みます。海外に出ないまでも、故郷、親元を離れた方がよく、離郷がこの生まれの開運につながって行くでしょう。また、この人は男女共異性問題を起こし易いところがあります。派手な性格から結婚することの不可能な相手との、いわゆる軌道を外れた恋に陥り易いです。


「乙巳日」生まれの人の宿命

乙木巳火で「木生火」で自分自身(乙)を漏らす形であり、陰干支であり、女性がこの日干支と持つと良いとされ、
別名「倒挿の花」と呼ばれています。
 

日支「巳火」の意義

十二支「巳火」の性質は「火性」で季節は「夏の始まり」「初夏」を表意します。
十二支を「子(冬至)」を始まりとして、「午火(夏至)」を迎えて、「陽気」から「陰気」に変わります。
ちょうど、「午火」の一つ手前の地支(陽支)が「巳火」に当たります。
陽支の中で最も「陽気」が強く、「明るく」「華やか」で輝くを放つ時です。
 
 

乙巳日

・木生火で子を生み出す。
・金剋木で夫に剋される(従う)
控えめながら華やかさを持つ総じて平穏で温和な人生となりやすい宿命です。

日干「乙木」から見て「巳火」は「天恍星」であり少年の時代で、夏の草を表します。
華やかで明るく異性かモテル日干支でもあります。

女性がこの日干支を持つ場合

日支「巳火」の蔵干(二十八元)には、初元「戊土(司禄星:家庭の星)」、中元「庚金(干合;夫)、本元「丙火(六親法/相生:子供)
があります。
つまり、家庭的な生き方に向く日干支とされています。
言い換えれば、家庭を大事にすれば運勢が稼働する言われています。
庚金が宿命にあれば(月干・日干)、家庭運が非常に良いとされる。

日干は「乙木」で地支が「巳火」で「木生火」なので水性が必要です、(水生木)(水剋火)
湿土(湿った土)において自分の力を引き出せ、宿命の地支に「子水」があると更に良い宿命となります。

しかし「亥水」では、自分の運勢は良くなるが、日干支の地支「巳」と「亥」は冲動となり、「配偶者・家族の位置」が壊されて家庭運が良くないとされています。(枯死の患)

金性過多

「庚金」「辛金」過多(金生水)では、日干「乙木」は草木、つまり弱い木ですので、草が鉄で根元から切られてしまい弱ってしまう事を表します。金星が多いことは特にこの日干支はありがたくありません。
健康を害する、長生きしにくい宿命(長患の命)とされています。



☞「天恍星」からのメッセージ

「乙巳」は算命学の十二大従星の「天恍星」という、「現状からの脱皮・脱却」「開拓」のエネルギーを持つ星を備えています。「天恍星」は別名「青少年の星」「夢・ロマン・冒険の星」「離郷の星」「夢多き星」「反抗の星」といわれます。


「天恍星」の概要

この星は「いよいよ陽気が盛んになって草木が生い茂り、そのままにしておくと茂り過ぎて、訳が解らなくなり、紛糾してくるので、思い切って枝葉を剪定し、問題を整理して、新天地を開拓する段階」を表しています。
「才能を開花・発揮する為に、真の価値基準の優先順位をつける事で、自分の本質に繋がり、現状からの脱皮、脱却を図ることができる」と読み読みとけます。


「天恍星」の特徴

天恍星・・・少年、中学生、高校

思春期の時代
  • 心に夢を持つ。
  • 華やかな世界に憧れる。

この時代特有の明るさ、輝き、華やかさを備えている。

  • 外面:明るい 華やか
  • 内面:暗い  繊細

子供から大人へと成長する時代。
 

親離れの星

精神的に親から自立する時代で、この時代に親離れをする必要がある。
この時代に親離れが出来ないと一生できない(一生大人になりきれない)
マザコン・ニート・引きこもり
精神が大人になり切れていないので誰かを頼らないと生きていけない。
天恍星の子供の親は、この時代に無理やりにでも話す必要ある。

  • 初めて異性を意識する。
  • 異性を意識して好きになる。
  • 異性に憧れる。
  • 異性が好き。
  • 異性からも好かれ安い。
  • 異性問題が起こりやすい。
  • 親離れが出来ていないと、異性問題で人生を間違えやすい。

「天恍星」が二つ以上ある人は「天性の浮気者」と言われる。
⭐︎⭐︎⭐︎


本日の干支に関連する投稿

www.future-redesign.com
www.future-redesign.com



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村



パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


皆様のご連絡を心からお待ちしております。
心観ライフサイクルコーチ/命理鑑定士/風水プランナー 畠山景靖


<ご予約・お問合せはこちらです>


詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com



オススメ記事

hatayan1214.hatenablog.com