はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

「創造の気」<月干支読み>2017年12月【壬子月】「弦王」【天将星】

f:id:hatayan1214:20171208133312j:plain

<月干支読み>2017年12月【壬子】月【天将星】


今月の干支は壬水子水ですね。
壬は自然界では「海」「湖」「大河」で、
子も「海」「湖」「大河」、季節は「冬」「冬至」、時期は「新暦の十二月」です。

注意!!

今月は「大きな水」干支を表す「壬子」(壬水子水)が巡る月です。
「水」は「思考」「感情」を表します。
感情面に浸りやすい月です。
後悔・無力感・ネガティブな思考・感情に陥りやすい月です。
これは「時空」が持つ「気」の影響です(気のせいです)

思考・感情を脇に置き、無心に打ち込む事をお勧めします。
体を思いっきり動かしたり、仕事に打ち込んだり、人と会って楽しく過ごしたりして見てください。
一人で考えすぎない事です!!


本日の干支のイメージ画像

f:id:hatayan1214:20170326015531j:plain
「幻想的な北極海の情景」です。


☞今月の「時空」からのメッセージ

今月のテーマは、「見直し」「再点検」「創造」「可能性を育む」です。組織・チーム・自分の為に、価値を創り出す事に責任を持てる「人選」「配置」「依頼」であるかどうかを見極めて再配置・再転換する。もしくは依頼するタスクの質・内容を、相互にwin-winの関係に進化・発展させる事が大切な時です。そして、「壬」は「万物を産み出す母なる大きな海」「子」は「水の旺地(もっとも盛んな時)」であり、多くを産み出す」を意味します。それは、新たな可能性を育み、新しい世界を創造するにもとても良いタイミングだと、今月の「時間」が教えてくれています。今月は、仕事・趣味・家事・運動など含めて、自分の中に内包するエネルギーを腐らなせないように、「燃焼」させる事に注力してください。運勢は連続性です。「エネルギーの燃焼への意識」=(やりきる)が精神と肉体のバランスと調和を取り戻し運勢を稼働させます。最大エネルギーの星が巡る日です。エネルギーを余らせないで下さい。余ったエネルギーは腐ります。腐ると精神面に良い影響を与えません。「スポーツ、仕事、趣味など」に打ち込み「感情・思考」に浸らないことが肝要です。を本日も私のブログ読んで頂きましてありがとうございます。



目 次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


☞「壬水」のポイント

「壬子」は革命的な情勢が「辛亥」以上に成熟して世の中が騒然する気を備えています。その中で、この事態に臨む人物の質がどうかによって、今日、明日の「壬」・「癸」の日を乗り切り「甲寅」という新しい段階には移行できるか、あるいは「壬」・「癸」の間に革命・改変が起きて、これまでの変革の努力・苦労がご破産になるかが決まります。

「壬」は侫(ねい・おもねる)に通じ、「壬子」には、時局に便乗して一旗を上げようとする良からぬ人物が横行・近づいてくる可能性があります。
このような人々に。個人的な事も組織的な事も任せると、人、組織も国も衰退し活力を失い傾きます。
「子」は滋(じ・増える)を意味しますので、「庚戌」「辛亥」の段階で、下からの突き上げを和らげる為にも、いろいろ矛盾を解決する為にも、思い切った簡素化と改革(個人で言えば断捨離・自己改革)をして、風通しを良くしないと、「子」に至って煩雑さがもはや手をつけられにほどに増幅されることを意味します。

それだけに、改革を断行できる指導者の出現が求められるのです。

また、「壬子」は天地に水が力強く溢れる様を表し「旺溢の水」と言われます。
別名「玄王」とも呼ばれ、陽転すれば一代で物事を築くとされ、強運です。
「壬子」は「天将星」ですので、現実での苦労、つまり強い危険な路を歩ませると良いとも言われています。


☞「壬水」が持つ「性格」と「運勢」

(日干支・月干支・年干支のどこにあっても同じ解釈です)

「性格」

威勢が良くて独立心も旺盛。自尊心が強くて人一倍タフな人です。激しい競争社会の中でも勝ち抜くだけのパワーを持っています。ただ、自信過剰から物事を強引に推し進める傾向があります。それが落とし穴になり、トラブルの多い人間関係になっていく可能性があります。トップになる資質がある人ですが、自己顕示欲や独断専行が走ると、自ら孤独の人生を招く危険性を持っています。

大変強い運勢の生まれですが、あまり品はよろしくありません。頭脳は抜群に良いものがありますが、学術的なものではなく、大衆的な知恵で世渡りのうまさとなって現れます。また性格には、いやと言えない気質があり、善人であれ悪人であれ、みんな可愛がって自分が帝王的存在になります。長となる素質があるわけですが、その内側にあるものは非常に孤独です。

「未来」

この生まれの人は、故郷を捨てて海外雄飛の志があるので、伝統ある家柄で品性よく育つと、かえって運勢は伸びません。それこそ品性がない方が大成するという極端なものがあります。また肉親縁は薄いですが、身近な兄弟や仲間は大切にする人情家です。若い頃、苦難が多いほど、晩年に成功するのが特色です。俗にいう革命家とか、人がやらないことに力を発揮します。政治、経済など現実の社会の中で、開拓者として大成する「小なりと言えども、大将の器」です。

「壬子日」生まれの宿命の特徴

性質は「陽水性」。
大きな水「壬水」(十干)が水の旺地「子水」(十二支)と合流する「干支」。
天干「壬」から見て地支「子」を見て「天将星」。
十二大従星において最強のエネルギーをもつ「皇帝の星」。
豊富で大きな水を意味し、強運の宿命であるが、周囲に大きな影響ももたらす。
木性が五行中で、「風」を意味し、風を呼ぶ「卯木」の存在(宿命に一緒に存在する)が「旺気刑」となり動乱を起こす宿命となる。
「卯月」生まれで、命式(宿命)内で他の干支のとの兼合いが良ければ「色情」により成功し最大幸運を掴む宿命。
世の中の常道をそれる事により成功する特殊な命運となる。
実社会においてはイノベーターとなる(一歩間違えると変人・奇人・反逆者)
この日生まれた者は、宿命内の他の干支に「燥土」が緊急に必要となる。

「燥土」水分を含まない土(戊土、未土、戌土)
・「湿土」水分を含む土  (己土、丑土、辰土)

「壬子日」生まれの人が平凡な家庭に生まれると運勢が稼働しにくい。(運命調整がし難い)
離郷・海外雄飛(故郷・祖国を早く離れる事)・異国での生活が幸福な命となる。



☞「天将星」からのメッセージ

  • 現実面でのリーダーシップで伸張・拡大する。
  • 独善的な偏りに注意する。
  • 意固地にならない。
  • 人の助け・応援を素直に受け入れる。
  • エネルギーを燃焼させることにフォーカスする。

www.future-redesign.com



本日の干支に関連する投稿

www.future-redesign.com
www.future-redesign.com



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
⭐︎


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
心観ライフサイクルコーチ/命理鑑定士/風水プランナー 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com