はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

「新しい道の開拓」<日干支読み>2017年12月6日【丁卯】(香木)【天胡星】(破運)

f:id:hatayan1214:20171206102450j:plain
* <日干支読み>2017年12月6日【丁卯】(香木)【天胡星】(破運)

本日の干支は丁火卯木ですね。
丁は自然かでは「灯」「光」「月」「焚火」
卯は「草木」で、季節は「仲春」です。

本日の干支のイメージ画像

f:id:hatayan1214:20170410100855j:plain
「鴨川の夜桜」


☞本日の「空間」からのメッセージ

本日のテーマは「新しい道を開拓する」です。新しい道とは、自分に経験させてあげていない領域とも言えます。「新規開拓」です。新しい世界は私達に「希望・喜び・可能性」を与えてくれます。「新しい喜びの領域」が、新鮮な気と活力とを呼び込み、本当の自分のテーマに気づかせてくれると、今日の「空間」が教えてくれています。「丁火卯木」の「丁」は「燃えている火」です。火が燃え続けるためには、薪となる木と、薪にする斧が必要です。木は「あらゆる可能性」であり、斧は「修練」「チャレンジする心」「開拓精神」を表します。そして薪は「手付かずの才能」「新たな可能性」「未来への投資」です。「薪」を「火」に焚べる時です。同時に、とても高い精神性を意味する星が巡ってきています。テーマは「無心」「心の静寂」です。心を落ち着かせて、瞑想、yoga、水泳や無心になってトレーニングする等がオススメな日です。直感力が冴え渡り、深い気づきが得られるかもしれません。本日も私のブログ読んで頂きましてありがとうございます。

目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎

☞「丁卯」のポイント

陽気がピークに近づいて枝葉が成長しきり、垂れ下がっているのが「丁」です。人事では、在来勢力の繁栄がピークに近づき、勢いはいよいよ盛んですが、すでに新興勢力が成長して旧勢力を突き上げ、新旧両勢力が対立・衝突するさまを表します。
「卯」は、これまで締め切っていた門の扉を開くと、そこには草ぼうぼうの未開地があるという意味です。
「丁卯」は、在来勢力の勢いが既に陰り始めたので、新興勢力が事態の一新を図ろうとしますが、そこには草が生い茂っていて、未だ手をつけなかった諸問題が山積している状態を表します。そこで、「丁卯」では、新旧いずれかの勢力であれ、とにかくこれらの未開拓分野の困難な問題にいよいよ手をつけていかねばならない事を意味しています。それには、よほど思い切って古い枝葉を切り捨て、風通しと日当たりを良くして、活力の更新を図り、新しい道を開いていかなければならないと教えてくれています。
「卯」は、季節では仲春で、太陽が万物を育成する時期です。従って、陽光が最も必要なだけに、何をするにも陽気と精気が強く求められます。
「丁卯」はまた、下が上を突き上げる事を意味しますので、上に立つ人は下から色々と妨害されることになり、それをスムースに解決する必要に迫られます。一方、下の人は目上の人に背き争うことになりますので、これまた状況に応じて問題を上手にさばいて、新道を開くことを求められます。
いずれにせよ、「丁卯」は不和成立の時ですので、いかなる変動にも動じない態度が必要になります。


「丁卯日」に生まれた人

「卯」は木性で「草・花・根」を表し、季節は「春の中心」。


日干「丁」から地支「卯」を見ると十二大従星は「天胡星」でエネルギーは「4」であり、
この「火」は弱い火である。


丁火卯木の丁火は実際に燃えている火で、卯木を別名「香木」という。
卯木の蔵干(二十八元)には「乙木」のみであり「純粋な木性」を意味する。


「丁卯」は純粋な木で燃える火を表す→綺麗な火
これは人を惹きつけ事を意味し「女性」の宿命に強く出やすい。
別名「破運」と言い、女性なら色気のある人になる。
「破運」→一つの事が纏まると壊れ、壊れると纏まる上下の激しい人生


「水性」がありがたくない

宿命に「壬水」「牽牛星(日干「丁」から「壬」をみると牽牛星)」があると名声を得る→あまり良くない(そんなに悪くない)
「壬」と日干「丁」は「水剋火」→「相剋」
しかし、「壬水」「丁火」の「干合」で「木性」に変化する→ありがたい◉


宿命に「癸水」「車騎星(日干「丁」から「癸」をみると車騎星)」が天干にあると名声を得られない→ありがたくない
「癸」と日干「丁」は「水剋火」→「相剋」に加えて「七殺」


しかし、宿命が「火性過多」になる時(香気/輝きを失う→成功しにくい)は、「水性」を必要とする。


「甲木」と「庚金」がありがたい

灯火ゆえに「甲木」「玉堂星(日干「丁」から「甲」をみると玉堂性)」を火源(木生火)となり長生きする◉
よって宿命に「庚金」「司禄星(日干「丁」から「庚」をみると司禄星)」があり、「甲木」を剋して、
それを「薪」として日干「丁火」に焚べれば、成功が持続する◉
ちょうど、斧(庚)で木(甲)を燃やしやすい様に切り、燃やしたいだけ、火(丁)に組めことができる様である。





☞「天胡星」からのメッセージ

空想と夢の世界を現実の世界で実現する「才能」と「美意識」です。
「天胡星」のエネルギーは「自己の存在を抜きにした努力・行為」にあります。
自分の置かれた現実の世界と、心の中で描いている精神世界との狭間で生まれる葛藤から「直感」を研ぎ澄ます「気付きの星」であり、現時点に起きている状況・環境を元に、未来の成り行き結果を直感的に予測する「未来予知の星」でもあります。精神性の高い星です。

www.future-redesign.com




本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
⭐︎

パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運勢学・算命学・風水学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


皆様のご連絡を心からお待ちしております。
心観ライフサイクルコーチ /命理鑑定士/風水プランナー 畠山景靖


<ご予約・お問合せはこちらです>


詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com