はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

『時空からのメッセージ』2017年5月19日【丙午】【天将星】「心・身・魂を癒し、知覚を解放し、未来を感知する」

f:id:hatayan1214:20170519101711j:plain

心・体・魂が癒され、


「知覚」を解放し、 
 
 
無理をすることなく、

 
自分の「宿命」に沿った「空間」を選ぶ。


ただ、それだけで、  
 

出現する未来が変わる。


「時空」を超えた先に、知らなかった「未来」を感知する。
 


<日干支読み>2017年3年20日【丙午】【天将星】

本日の干支は丙火午火ですね。
陽火性の「比和」(兄弟関係)、とても激しいパワフルな運勢の日です。
「丙」は自然界で「太陽」、
「午」も「太陽」、季節は「真夏」で時期は「新暦の六月」「夏至」です。

本日の干支のイメージ画像

f:id:hatayan1214:20170320105556j:plain
「神々の島 バリ島 燦々と燃える太陽」


☞本日の空間からのメッセージ

本日は「火」の五行が揃っている日です。天干は「丙火」ですので、物事(投資・事業・ライフワークを含みます。)が大きく進展します。しかし、同時に十二支の「午」も「五行」は「火」ではありますが、「午」は「四正」に当てはまります。この「四正」は「波乱含みになる」という意味があります。「丙午」の性質が暗示する最大の注意するべき点は、「得るものは大きいしかし、それに比例して失うものもある」ということです。運勢は連続性です。物事が進展するとともに、進展しすぎるが故に「慎重さ」が大切だと、今日の空間が教えてくれています。「陽極まるところ陰」です。強すぎる「火」は制御ができなくなリます。今日も私のブログ読んで頂きましてありがとうございます。



目 次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎

☞「丙午」のポイント

「丙午」は、在来勢力が非常に繁栄して、自らの力を顕している中で、すでに内部ではそれに対する批判勢力なり、反対勢力なりが力をつけてきて、下から突き上げている状態をあらわします。そして、この反対勢力の突き上げをどう処理するかで、その後が明るくもなるし暗くもなります。
昨日の「乙」で伸び悩んでいた陽気は、「丙」いいたっていよいよ盛んになり、「丙」は「炳」で、赤々と燃えて強くなります。つまり、従来の勢力が一段と繁栄を力をつけます。ところが「丙」にはまた、物事が明らかになって、これまで内臓されて隠れていた事柄が表面化してくるとの意味もあります。物事が明らかになって、これまで内臓されて隠れていた事柄が表面化してくるとの意味もあります。これが「午」、つまり陰気が下から陽気を築き上げてるということになります。「午」は、さらに「忤」(さからう)に通じます。こうして、反対勢力の突き上げが、いよいよ表面化していきます。そこで、既存の勢力としては思い切った行動に出ざるを得ない、ということになります。
古来、「丙午」の時は、内憂外患の時としてきたのは、このうような背景を持っているからです。また、「丙午」生まれの女性が敬遠されたのも、「丙午」生まれの女性を妻にすると、夫に逆らうので、家の内で常にゴタゴタが絶えないとの解釈に由来します。


☞「天将星」からのメッセージ

今時点、不満が多くても、エネルギーを消化・燃焼することに努める事で、最終的に満足いくものになりまります。
(特に現実面でエネルギーを使うことが大切です)

www.future-redesign.com


本日の干支に関連する投稿

www.future-redesign.com
www.future-redesign.com



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com

オススメ記事

hatayan1214.hatenablog.com