読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

「0から億へのスモールビジネス」<人の心音を伺う>

傾聴・共感・深い質問

f:id:hatayan1214:20170324024353j:plain

本日も、わたくし自身が体当たりで体験・失敗を通し学んだ、

「0から億へのスモールビジネス」について、

躊躇する事なく投稿させていただきます。

ですので、

MBA的にどうか?
とか、

専門的に云々かんぬん
とか、

遠くかけ離れた内容である事をご勘弁くださいね。


「2つの問い」

さて、


あなたが、情報発信をするとき、


コンピューターの向こう側にいる人を意識していますか?


心を持った一人の人間として感じていますか?


この当たり前の感覚なくして、


ビジネスをスタートさせることは危険です。



「販売員」として

私は、学歴もなく、


さしたる技術もなく、


社会人のスタートは、


「販売員」からでした。


「セールスマン」です。


ノルマ達成のため、、、、


目の前のお客様の顔色、健康状態、気持ち、感情、など、


全意識を集中させて「人の心音」を伺う10年間でした。


若い頃は、


このセールスマン時代の過去に、とてもコンプレックスを持っていました。

 

しかし、


この販売員としての10年間の対面のセールスを通して、


「傾聴力・共感力・質問力」を養うことができました。


私はこれらを総称して「心音を伺う力」と名付けました。



「傾聴」「共感」「質問」

クライアントの話に、真摯に耳を傾ける事は、


「敬意」と「感謝」を示すことにつながります。


それは、


運命学的に言えば、


過去に縛られるのでもなく、


未来に不安を覚えるのでもなく、


「今、ココ」


「今、この瞬間」


に重きを置くことを意味します。


それこそが、


あなたのビジネスが始まる突破口なのです。


相手の立場に立ち、


真摯ににクライアントを理解しようとする姿勢から、


「敬意」と「感謝」を生み、


そして、


「相手の立場に立つ」という事に繋がります。


それは、


人との「共感」が生まれるスタートです。


そこで、


「深い質問」をすることで、


相手、クライアントの「感情」を解き放ち、


「相互理解」を強めることができます。


つまり、


単純な話、


私たちがビジネスを初めるならば、


クライアントの立場に立ち伝えることが何よりも大切なのです。


「私にとってでは無く、あなたにとって大切なことは何なのか?」
この「問い」が、あなたのビジネスを開く鍵になるでしょう。



本日も私の拙い持論におつきあい頂きましてありがとうございます。



ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com

オススメ記事

www.future-redesign.com