はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

心の羅針盤の調整日✨「リラックス・リラックス♪」<日干支読み>2017年11月22日【癸丑】「溝渠の水」【天南星】(園雨)

f:id:hatayan1214:20171122130338j:plain

<日干支読み>2017年11月22日【癸丑】【天南星】

今日の干支は癸水丑土ですね。
癸は自然界で「小川」「雨」「露」、
丑は「田園」で、季節は「晩冬」で時期は「新暦の一月」です。

本日の干支のイメージ画像

f:id:hatayan1214:20170526104113p:plain
http://www.rustlondon.com/2016/01/
「January London ロンドン1月の雨」


☞本日の「空間」からのメッセージ

f:id:hatayan1214:20171122130631j:plain
今日は焦りとか「何かしなくちゃ!」といった欠乏感からの行動を脇に置いて、調和とバランスのとれた地点にセットバックし、ゆっくりと、心地良い時空で、お茶でも飲みながら「最幸の人生」ってどんな感じか?もしくは「今、見失っている本来の自分の在り方」それって何だったかな〜?と思い返してみて下さい。ただただ「調和とバランスの取れた時空」にいるだけでも良いですからね♪「心地良い時空」に存在するだけでも、「人生の羅針盤」を取り戻す事ができると、今日の「空間」が教えてくれています。あと、本日は「重要なことは自分一人で決めず、信頼できる人に相談する」と「体を鍛える」ことが「精神」を安定させる。というメッセージを備えています。本日も私のブログ読んで頂きましてありがとうございます。




目 次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


☞「癸丑」のポイント

「癸丑」は「子」で出た芽がまだまだ弱々しく、曲がりくねっっている状態ですので、上に立つ人が立派な計画を立て、この芽をすくすくと伸ばし、後々を誤らさせないように知る必要があることを表しています。
「子」で出た芽が、「丑」で曲がりくねりながら伸び、「丑」は「乙」と同じ意味を持ち、「ここから始めるとか、養う」とかという意味が出てきます。
「癸」には、水路を測るとの意があり、ここから測る元になる基準、さらには原理・原則に基づいて、企画や計画を立てるという意味が出てきます。
また、「癸」は「揆」、つまり「宰相」にも通じます。したがって「癸丑」には、上に立つ人々が思い切ってた戦略を立案して、「己酉」・「庚戌」以来積み残されてきた諸問題を一層し、明日の「甲寅」の段階に向かうべきだと教えてくれています。

「癸丑」の「性格」と「未来」

(日干支・月干支・年干支のどこにあっても同じ解釈です)

「性格」

外柔内剛型。もの静かで性格的にのんびり屋さん。人生を急ぐこともなくゆっくりと歩みます。表面は荒々しくは見えませんが、土壇場に追い込まれると猛然と反撃をし、辛辣な言葉となって現れ、その荒々しさは他には類を見ないほどです。

「将来」

この生まれの人は、外面は若々しいのですが、内面は老成しています。子供でも妙に大人びた考えをします。つまり、悟りきった様なところがあります。逆に子供時代の雰囲気のまま歳を取って行くので、晩年になっても若々しい考えや希望を持つことになります。和合性が薄く、集団や組織での仕事や生活が苦手なので、孤独であっても寂しがりません。そして常に古いものを廃し、新鮮な考えで物事に対処するため、時には鋭い批判力となって敵を作ることになります。しかし、その度に精神が鍛えられ、若い頃の鍛錬が後年のい人生を価値づけるのです。また、明るく一本気なところがありますが、その性格で人と交際すれば、十年、二十年の長い友情が続きます。


「癸丑日」生まれの特徴(別名:園雨)

f:id:hatayan1214:20171122224717j:plain
地支「丑」は湿土(湿った土)で、方角は「北」。
それに座す天干「癸」(水)は「身強」である。
 

北方の水は暗く陰気な性質を持つ。
「癸丑」の干支を別名「溝渠の水」と呼ぶ。
あまり綺麗な水ではない(癸水丑土:土剋水)
北方(丑土)の癸水は流れが起きにくい。「冬の水」「冬の川」
 

・凍ってしまうと役目を果たせない。
・流れがないと役目を果たせない。


それ故に流れを産むことが急務となる。
その為「木性」が必要。
相生「水→木」「木」は「水」の流れ先となる。
「癸水」からみて「木性」は「鳳閣星」「調舒星」「天貴星」「天恍星」となる。

・水は流れるていると腐りにくい。
・水は流れるていると凍りにくい。


「癸丑」は「未」の「冲動」、「午」の「害」がありがたい。
f:id:hatayan1214:20171122225352j:plain


冷たい、暗いというような雰囲気を持つ人となる。



「癸水」は「子水」の「合」(支合)を嫌い、自己本位で目先の利益を追い求める軽薄な人間になる。f:id:hatayan1214:20171122225511j:plain
「子」「丑」の支合して「水」となり、水の量はふえるが、冬の水が重なり一層凍りやすくなる。
→(自己本位・自己中心的になる)木性がないと出やすくなる。



f:id:hatayan1214:20171122225817j:plain
・命式(宿命)に「乙卯」(乙木卯木)があると、名誉運・財運共に良好になる命運である。
・命式(宿命)に「甲寅」(甲木寅木)があると、風雲に乗る。

「乙卯」「甲寅」も「寅卯天中殺」となる為、名利達成しても人生は虚しいものとなる。




天中殺故に受け身で過ごすと自然と運勢が上昇していく。
f:id:hatayan1214:20171122230125j:plain



「癸水」は汚濁を嫌がり「戊土」「己土」がありがたくない(土剋水)
f:id:hatayan1214:20171122230247j:plain
結婚経験・異性関係が多いと運勢が下降する。




☞「天南星」からのメッセージ

活力に満ちた青年が、大きな夢と精神性の高貴性を持って(凄まじく奮いたつ)時、人間としての内面的な自覚が深まり、家庭や社会や環境など、様々な下界の現実との矛盾に悩み、時には失望し、時には怒りに燃えます。
この星は「壁に突き当たって、悩み、怒り、振るい立って新しい状況を切り開く姿」を表しています。
www.future-redesign.com



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
⭐︎


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


皆様のご連絡を心からお待ちしております。
心観ライフサイクルコーチ/命理鑑定士/風水プランナー 畠山景靖


<ご予約・お問合せはこちらです>


詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com