はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

外山滋比古先生から学ぶ「ライフワークの花」という考え方

f:id:hatayan1214:20171115172123j:plain

「ライフワークの思想」と言う考え方


<引用><感想>
東大・京大生が必ず読みたい本「思考の整理学」の著者である外山滋比古先生の「ライフワークの思想」からは読む度に学びがあります。
読むたびに感銘を受ける「ライフワークの花」という考え方について改めて投稿します。
自分のライフワークが見つからないと悩んでいる方にはとっても良い本だとおもいます。
自分自身、原点に還る事ができる名著です。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)





”三十五歳になって、芸というものに目覚めなければ、いくら修行してもモノにはならない。しかし、そこで目が開けば、自分の父(観阿弥)がそうであったように、老年になっても花が咲き、しかも散ることがない」ー世阿弥(風姿花伝)ー”


近年、知的関心が高かまり、自由時間をセミナーや講演に参加して自己啓発的なものや精神的なものを求める志向が高まっている中で、その関心の半分以上は、新しい流行の切り花を追うのに時間と努力を費やすその風潮や考え方から、様々な花の中からみずから好むものを選び、どうしたらそれを自分の力で咲かせることができるか、”切り花”から”球根”へという発想の転換が必要だと述べています。 
 

この一節を読む度に見失っている自分を取り戻すことができます。
 

どんなに貧しくても、慎ましい花であっても自分の育てた根から出たものには、流行の切り花とは違った価値観があり、それが本当の意味でのライフワークだというのです。 

そして、ライフワークとは文字通り生涯の仕事であり、晩年になって初めて結実するもので、その差は自分自身の花か借りものか、根のついた花か切り花かの差とも述べています。


「ライフワーク」とは人生をかけて見つけていく物であり、
逆に言えば「ライフワーク」が今見つからなくて「苦しまなくて良い」という事を先生は押してくれています。

ライフワークの思想 (ちくま文庫)

ライフワークの思想 (ちくま文庫)



自由時間の使い方

今の現在社会では絶えずバッテリーを充電するか、万一に備えてスペアをもっていないと危険な世の中であり、今働いている会社に万一の場合にはそのスペアを使って生き抜かなければならず、ガムシャラに仕事だけをする人生に警笛を鳴らしています。
自分の生きがいとして、人生の豊かさにつながるところで、能力の備蓄、可能性のゆとりを持つことが大事で、毎週末や毎日の自由時間には、こうした精神的な貯金をつくり、生涯の自由時間にライフワークの花を咲かせるために使われるべきだと述べています。
外山先生がおっしゃる”人生の豊かさにつながるところ”は、各々に必ず「人生のテーマ」があり、それを生きる事が「豊かさ」につながると事だと私なりに解釈しています。


セレンディピティー

今の専門化された社会で、週末や毎日の自由時間程度で身につけたスキル程度で何ができるか?
プロの道は厳しいと思いがちだが、この本ではこのように述べています。
「アマチュアこそ知的創造に適している」
素人は大胆に知的冒険をすれば良く、その後はプロにまかせて完成してもらうのが、これからの新しい”酒造り”の方法だというのです。
つなみに「セレンディピティー」という言葉は、18世紀にできた人造語で、セレンディプとはセイロン(スリランカ)のことで、セイロンには3人の王子がいて、探そうとするものは出てこないが、探しもしない珍宝を発見する童話が起源で”あてにしない偶然の発見”を意味します。

何か目標を立てて達成していくこと以外にも、予期せぬ発見に魅力を感じる。
すなわち「セレンディピティー」こそがアマチュアの自由時間から産み出される大いなる可能性だとのべています。


人生をマラソンととらえる

この国では多くの人が人生を短距離走のように捉えて生きて来たようにおもいます。
人生を84年、マラソンとして捉えてみると、最初の10年は幼年期、10歳から45歳が往路、46歳から80歳が復路になるのでしょう。
その中間地点がマラソンでいう折り返し点になるのでしょうか?!
ちょうど私は43歳で往路を終えて、復路に差し掛かる手前にいます。
これを一日単位に例えると昼が往路、夕方帰宅してからが復路として見ると、いずれにしても前半は進み、後半は帰ることによって自分のゴールに向かう。と見ることができる。
サラリーマンの多くは、帰ってきても、前に進むことしか関心を示さず、前進だけが人生だと思い込んでいる。
これではいつまでたっても人生のゴールなど辿り着くはずもない。
何故なら、折り返し地点を回ってからは、これまでとは反対の方に走ることが前進になるからです。



人生の折り返し地点

興味深い話として、昔は”出家”という風習があり、それで人生の折り返し地点を創っていたようです。
妻子、職業、手放し、頭を剃り仏門に入り、”いかに生きるか”という考え方から、”いかに死ぬか”という考え方に転じるものだったようです。

今のサラリーマンにとって、定年が折り返しに地点になっている。
定年で折り返して帰って来るのでは遅過ぎるのでは?と述べている。
現在43歳、昨年死と隣り合わせの経験を通し会社も辞め、立ち上げた事業も手放し、次のセカンドライフ=ライフワークを模索中である。
自らの意思で出家的折り返し点をつくったつもりです。
定年という会社本位の折り返し点として、その後を余生と考えることは僕にはできなかったからです。
我々の人生=マラソンには余生などというものはあってはならない。と述べています。
もし人生短距離走なら、スタートの失敗は致命的だろう、しかし人生をマラソンと捉えた場合、スタートにつまずきになど問題にはならない。
マラソンのスタートでトップにいてもそれが優位と決めきれない。
このフレーズには本当にインスパイアされました。
”初め良ければ終わり良し”スタートダッシュが一生を決めるかの考え方には正直違和感を感じていた。
人生の挫折をした人間が自分の人生のお折り返し点を決めて、晩年すばらしい充実した人生をおくるというのはとても励みになるストーリーです。



twitterの声

https://twitter.com/antennahiroki/status/148778792175939584



最後に

ライフワークは生涯の仕事であり、人生の豊かさにつながる能力の備蓄の継続であり、それをやり続けている内に、セレンディピティーすなわち思わぬ偶然が発見され、真のライフワークに近づいていくのではないかと思います。
薄っすらと見える未来、方向性に目を向けて、私たちの日々の自由時間に様々な可能性、機会にチャレンジし続けその時出てくる課題に取り組み乗り越え取得したその結果の先にライフワークがあるのかもしれませんね。
人生をマラソンにたとて、終末のフィナーレ、すなわち後半の人生の生き方の大切さを教えてくれる本であり、同時に若い人には、人生を短距離走の様に焦る必要なく、切り花的、刹那的な物より、大地に根ざす球根、本質的なことに、じっくり取り組んで良い。ということ気づきを与えてくれています。
人生84年、折り返してからの人生から華が咲き楽しくなる!!



ライフワークの思想 (ちくま文庫)

ライフワークの思想 (ちくま文庫)




本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村



パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


皆様のご連絡を心からお待ちしております。
心観ライフサイクルコーチ/命理鑑定士/風水プランナー 畠山景靖


<ご予約・お問合せはこちらです>


詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com



オススメ記事

hatayan1214.hatenablog.com