読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

<干支・星読み読み>2017年1月27日【甲寅】【天禄星】「因習・陋習断つ」「一致協力して新しい創造的活動の拡大」

f:id:hatayan1214:20170127112650j:plain
<干支・星読み読み>2017年1月27日【甲寅】【天禄星】
甲木も寅木は季節は春守備本能(慎重)を持ちます。
共に陽木性で比和関係です。
「専気」(天干と地支の五行が共に同じ)ですので、何かに「偏りがち」なる気を持っています。


新しい事を始るのには良い日です。
新しい事を始めるために今までの習慣・因習を見直すと良いです。
 

仲間と手を取り励まし合い前進して下さい。
共に磨かれ浄化されます。 
 

勢いある方は、精神性の修練、内観、内省をして陰陽のバランス、中庸を取り戻すには良い時です。



目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


甲の意味

甲は十干で最初の干で、これから始まる10日間の”スタート”を表します。
春の季節で、冬の間、寒さから身を守るために、硬い殻を被っていた草木の芽が、新春、殻を破って新しく出てきた形「かいわれ」を表します。したがって、物事の始めとか、始まりとかを意味し、「始まる」とも読みます。

元来、甲は亀の甲羅の形を表しており、そこから「よろい」や固い殻が被ったものを言います。その「よろい」をつけた草木の新芽が、その殻を破り頭を少し出す様からも「はじめ・はじまる」に通じます。何か物事をはじめるには良い時です。


したがって、そこから新しいルール、行動規範・指針・価値基準を定めたり、新設の会社が社則を作ることを意味します



人事・ビジネスで注意するべきこと

古い制度や体制を破って、新しく改革の動きを始めることを示しています。甲には、新しい生命力が新しい物事を始めるとの意味があり、旧来の因習、陋習を打破して、改革に取り組むことを表しています。したがって、それを怠ると、明日の乙になって、まだ残っている陰気の抵抗でまっすぐ伸びるのが一層困難になります。


甲のまとめ

「今までの既存勢力・旧体制に限界が来て、破れ革新・改革の動きが始まる」
「自然の機運に応じ過去の慣例・慣習・考え方・因習を破り革新に一歩を進む時」
「旧来の因習、陋習に慣れすぎ、なし崩しやルーズすることに注意する」



寅の意味

一月(新暦の二月)を表します。寅は堅守と独立進取の気を持ち、万物が出発する所で”前進”を意味します。
寅は引(いん)で、「伸ばし広げる」の意味があります。地下で屈曲していた芽が新春の陽気を迎えて地上に出て、伸び上ることです。寅の字は、人が軒の下で向かい合って手をさしてのべ、協力し合うとか約束するとかの形を表しています。したがって、助けるとか、敬うとか、慎むとかの意があります。さら、寅は演に通じて、伸びるとか、進むとかの意味があります。


また、寅:矢と両手からなる象形文字です。両手で矢すじをまっすぐに直して、伸ばしている形を意味します。
また矢には矢が真っ直ぐに向こうに行くように、いつまでも変わることがないことから転じて「誓う」を意味します。
更には、”宀”(うかんむり)は建物、組織を表します。その中で人が向かい合っている象形文字だとも言われています。


「慎む」「約束する」「手を合わせる」「協力する」「助ける」を意味します。

  • 「同寅」(どういん)、「寅亮」(いんりょう)は”同僚・仲間で助け合う様”
  • 「寅清」(いんせい)は”助け合い、励まし合い、様々な妨害・障害を排除する様”
  • 「寅」は「演」(のびる)に通じて”助け合い、人は進歩・成長することができる”

⭐︎

人事・ビジネスで注意するべきこと

昨日の丑(ちゅう)で発生した新しい動きをなんとか善導出きたことを前提に、さらに慎んで自らを正し、一致協力して新しい創造的で建設的な活動を拡大して行くべきことを表しています。もし昨日の丑の段階で問題・課題をそのまま放置してあったり、あるいは対応に失敗してずる賢い人間がはびこり混迷を深めているようなら、それこそ畏れ慎んで自戒し、力を合わせて旧弊・古い慣習・因習を打ち破り、新しい方向に事態を打開して、状況の進展を図るべきことを表しています。


寅のまとめ

寅は、同じ考え方を持った人々が、一致協力して助け合いながら、障害や妨害を排除して、創造的で建設的な新しい道に進み広げるべきだと教えてくれています。



甲寅の意味

「甲寅」は、人々、あるいは同僚が互いに慎み助け合って協力しながら、旧来の殻を破って新しいことを始めるべきことを示しています。
地支の「寅(いん)」は一月(新暦二月)をさします。
万物が動いて万物が黄泉を去り、上に伸びようとして地上に達する形をあらわし、天干の「甲」もまた、陽気が萌して動いて、草木が種子の外皮(さや)を頭に戴いている象(すがた)を表しています。

したがって、「甲」には、「始める・伸びる」こと意味します。
つまり、旧来の慣習を改めて、新しいことを始め、それを伸ばすとの意味があります。
さらに、「寅」には、人が手を合わせて助け合いながら進むとの意味あります。
また、同僚が慎み助け合うとの意もあります。


甲寅のポイント

甲寅は、いろいろな事件・問題の噴出など内外で拡大して行きますが、皆で一致団結して、新しい創造的で建築的な事柄に取り組まなければならないことを教えてくれています。


⭐️天禄星

「甲寅」は算命学の十二大従星の「天禄星」という、「堅実」「誠実」「実直」「中庸」「バランス」のエネルギーを持つ星を備えています。
「天禄星」は別名「影の天将星」「壮年の星」といわれます。「発展」段階の最初の星で、人生の元気の盛りで、社会では中堅幹部、家庭では大黒柱として、堅実で誠実、しかもバランスのとれた沈着さと冷静さを保つ星です。しかし、「陽気」に任せて現実的・肉体的で活動が過多になり、精神的な深い内省や慎重さを欠くと、後で深刻な災い招くことなると教えてくれています。


⭐️星のメッセージ

現実を動かす・成果を得る・活躍する
中庸・バランス
内省・内観・精神性の修練



最後に

新しい事を始るのには良い日です。
気がかりな事への着手や改革を仲間と手を取り合って、もしくは励ましを得て、調和とバランスを意識して前進すれば現実が動きます。


開運キーワード

⭐︎

  • 一致団結・固い決意を持って、因習・陋習を断ち、新しい創造的で建築的な事柄に取り組み始める。

⭐︎

  • 「陽の極み」現実が動く時です。しかし勢いにまかせて前進するのでは無く、陰の側面である「精神性の充実」「内省」「内観」を通して慎重さ静寂さに目を向けバランスと調和(中庸)を意識する。

⭐︎

Blogランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学を使ってライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


4つの視点

  • 運命学・算命学・宗教歴史学・神学などの運勢学的視点
  • POP・NLP催眠療法・癒しの理論・各種加速学習などの心理学的視点
  • 自らの起業経験・企業コンサル経験・グローバル企業勤務経験などのビジネス的視点


”4つの視点”で”貴方だけのメカニズム・宿命に沿った未来のリデザインをします”
皆様のご連絡を心からお待ちしております。

ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com