はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

<干支・星読み>2017年1月28日 【乙卯(きのとのう)】【天禄星】 「可能性を求めて仲間と共に新境地を開拓しながら前進する」

f:id:hatayan1214:20170128120708j:plain
<干支・星読み>2017年1月28日 【乙卯(きのとのう)】【天禄星】


今日のテーマは

  • 課題を解決する為、新たな開発・開拓に踏み出す。
  • 一致団結して事に当たる。
  • 心のバランス・中庸の心を持って目標にチャレンジし現実を動かす。

です。


目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎

乙(きのと・おつぼく)の意味

昨日の「甲辰」で生まれた芽が、まだ社会からの抵抗が強く真っ直ぐに伸びる事が出来ず曲折している様を表します。
乙木は「曲」で、自然界で表すと”草木”を表します。
柔軟性のある動きを表し、「和合・協調」を発揮して、「党を結び・集団行動」して「前進する」の意味を持ちます。
また、
”何度挫折しても立ち上がる自力がある”
という意味もあります。


乙は、これまでに寒さのために鱗芽(りんが)の中で容器を待っていた草木の芽が、乙になって甲を破って外に出たものの、冷たい陰気がまだ残る下界の抵抗にあって、まっすぐののびられず、ちょうど立てた糸の先が曲がるように、曲がりくねって伸び悩んでいる形を表しています。(解釈:陰陽五行説・干支五行説


人事・ビジネスにおいて

旧体制を打ち破るため改革の動きを始めたものの、依然内外の抵抗が強くて、寒気の中で苦労しながら新しい物を創り出す為、昨日の甲の春気に応じて改革の動きを始めたものの、色々な抵抗にあって紆余曲折し、ああでもない、こうでもない(乙乙:いついつ)と伸び悩む姿を現し、その中で、弾力的に努力して続けるべきことを教えてくれています。


乙のポイント

新しい改革・創造の一歩を進めながらも、まだまだ障害・抵抗が強いが、この障害・抵抗に対し、様々な紆余曲折を経ても、同僚、仲間と協調し、組織やチームを強く結束しあきらめずに前進すると聞いだとも教えてくれています。



卯の意味

二月(新暦の三月)で季節は「春の中心」を意味します。
卯は茂(ぼう)で、草木が生長して、盛んに生い茂る様です。
柔木で「協調・協和」を示します。

卯の文字は、門の扉を左右に開いた形を象っています。
したがって,卯は、従来手をつけなかった未開地を開拓する形を表すしています。
ここから、万物が地を押し開いて、地上に出て生い茂ることを表しています。
「卯」は「開門」「開拓」「新たな可能性」を意味します。
「天門が開いて万物が繁茂する様に新しい可能性に向かう時」と教えてくれています。


卯は「茂(しげる)」「茅(かや)」の意があります。
開拓するべき土地を放置しておいた為に茅が茂って草だらけになってしまい、いよいよ開発に取りかからねばならないという意味になります。
一昨日の「丑」、昨日の「寅」と伸びてきた植物が本日「卯」に至り蔽いかぶさり繁茂する様子を表しています。
「茅や雑草の茂った未開拓地を思い切って開拓して進む時」と示してくれています。


さらには「卯」には紛糾(ふんきゅう)とか、いきずまるとの意味もあり、放置しておくと、取り返しのつかない状態になることを表します。


人事・ビジネスにおいて

今まで関心に外側にあった草ボウボウの未開拓分野に、いよいよ思い切って手をつけていかなければならないことを示しています。「卯」は、時刻では午前6時頃を示します。夜が明けて活動を始める時であり、方位では「真東」を表します。季節では前述した通り、仲春の時期で、太陽が万物を生長する、陽の光に最も大切な時期です。つまり<事業活動で陽気・活気・精気が最も求められ時>です。


卯のポイント

卯は色々な紆余曲折があり、行き詰まりがあっても、それを克服して、これまで手をつけなかった困難な問題に取り組み、草木が成長して生い茂る様に、積極的に新しい道を開いていくべきことを示しています。



乙卯(きのとのう・いつぼう)の意味

乙卯は甲寅で始まった新しい動きが、内外の寒気にあって伸び悩み、曲折する中で、これまで手につけなかった新しい分野の開発・開拓に手をつけるべきことを表しています。

卯は、長らく閉じ込められていた門扉を開いてみると、そこにはカヤがぼうぼうと茂っている様を表していて、未開拓地を新たに開拓するとの意味があります。

一方「乙」は、草木の芽が、寒気が残る「甲」の季節に、殻をを破って外に出たもの、冷気にあたってまだ思うように伸びられず、曲がりくねっている形を表すことから、内外の障害のために、色々と苦労をする時だと教えてくれています。


乙卯のポイント

以前から溜まりに溜まった問題・課題が山積みしていて、容易に前には進めない中で、思い切って新たな開発・開拓に踏み出すべきことを示しています。


⭐️天禄星

「甲寅」は算命学の十二大従星の「天禄星」という、「堅実」「誠実」「実直」「中庸」「バランス」のエネルギーを持つ星を備えています。
「天禄星」は別名「影の天将星」「壮年の星」といわれます。「発展」段階の最初の星で、人生の元気の盛りで、社会では中堅幹部、家庭では大黒柱として、堅実で誠実、しかもバランスのとれた沈着さと冷静さを保つ星です。

⭐️物事の成就、安定した現実を創り出すエネルギーが最も高いパワフルな星です。

しかし、「陽気」に任せて現実的・肉体的で活動が過多になり、精神的な深い内省や慎重さを欠くと、後で深刻な災いを招くことなると教えてくれています。


⭐️星のメッセージ

現実を動かす・成果を得る・活躍する
中庸・バランス
内省・内観・精神性の修練



最後に

乙卯(きのとのう)は、従来手をつけてこなかった旧習・隠れた課題を打破して新しい未来へ着々と切り開く努力をする。
しかし、まだ障害・抵抗が強く苦労します。昨日まで手付かずの課題に対して取り組まなければ次のステージ・未来には行けない。そして組織なら抵抗勢力既得権益 等、個人なら心理的抵抗・感情的抵抗がまだ存在するが、覚悟・決意持って新しい道を切り開く努力が必要な時であると教えてくれています。


開運フレーズ


抵抗・困難があっても仲間・チームと結束して革新・改革に向かって前進する。

陽気・活気を大切にする(元気)。

積極的に新しい道(新境地・新規開拓)を切り開く。(商品・サービス・才能)

中庸・精神的バランス(陰陽のバランス)取り、現実を動かす(チャレンジ)。 星が応援してくれます。


Blogランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学を使ってあなたのメカニズム・ライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


4つの視点

  • 運命学・算命学・宗教歴史学・神学などの運勢学的視点
  • POP・NLP催眠療法・癒しの理論・各種加速学習などの心理学的視点
  • 自らの起業経験・企業コンサル経験・グローバル企業勤務経験などのビジネス的視点


”4つの視点”で”貴方だけのメカニズム・宿命に沿った未来のリデザインをします”
皆様のご連絡を心からお待ちしております。

ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com