読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

算命学とは?(自然思想学と運勢学)

f:id:hatayan1214:20170129215542j:plain

目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


自然思想

  • 人間は、何故生まれてきたのか。
  • 人間は、何故死んでいくのか。
  • 人間は、どのように人生を生きれば良いのか。

誰もが、一度は考える疑問かもしれません。自ら望んでこの世に生まれてくる人はいない。しかし、一たび生を受ければ、その一生を生きることになります。そして、そこには人間の意志ではどうすることもでいないものが、沢山存在します。
 例えば、生まれてくる時代を選ぶことはできません。男に生まれるか、女に生まれるかも選ぶことはできません。生まれてくる国、家柄、自分の性格、自分の才能、どういう両親を持つか、また、どういう兄弟姉妹がいるか等、自分で選ぶことはできません。五体満足に生まれてこられるかとういうことさえ、自分の意志では、どうにもなりません。また生を受けた後、自分の努力が、必ずしも報われるとは限らないのです。同じ努力をしても成功する人もいれば、失敗する人もいます。人生には、人間の意志以外の要因によって決定されてしまう事柄が沢山存在しています。では、一体、何がそれらを決定しているのでしょうか?

今から四千年ほど昔、古代中国に最初に文明が形成されつつあった頃、これらの疑問が解き明かそうと考えた人々がいました。彼らは、まず、「人間とは何か」について考えました。「人間」についての研究を重ねていった結果、「人間は自然物である」という思想が生まれました。この思想は「自然思想」と呼ばれ、東洋思想の源流となり、以後、儒教道教仏教の中へも受け継がれていきます。算命学も、この自然思想に発します。

思想学

この自然思想は、まず、先程の疑問と同じく、自分の意志で生まれてくる人間はいない、という事実が発生しました。自分の意志で生まれてきたのでなければ、誰の意志で、人は生まれてくるのか。親の意志でしょうか。仮に親の意志で、この世に生まれたと考えても、その親自身が自分意志で生まれてきたわけではありません。では、その親は誰の意志でこの世に生まれてきたのでしょうか。そのまた親の意志でしょうか。仮にそうであったとしても、その人もまた自分の意志で生まれたわけではありません。このように考えていくと、この地球上に人間を生み出した本当の「人物」は大自然である、という考えに到達します。地球上に人類が存在するのは、人類の意志によるものではないはずです。元々人類をこの世に生み出したのは、太陽・地球・月などを含む大自然である。当時の人々が、自然が人類を生み出したのであるから「人間は自然物である」と考えました。そして、草・動物・虫など、他の動植物と同様に、人類も自然の産物に過ぎず、また自然の一部である、と考えたのです。これが自然思想の根本です。


運勢学

自然思想を基に、人間について考えていくと、様々な謎が解けてきます。人間が自然物であり、自然の一部であるのなら、人間は、「自然に法則」によって影響されるはずです。最も身近な例をあげれば、一日には昼と夜があリます。この昼と夜の存在は、人間が決めたものではなく、「自然の法則」の一つあります。人間は、昼働いて、夜眠るという生活を繰り返しているが、この生活は、人類が決めたものではありません。自然が作り出した昼と夜という法則に沿って、人間が暮らしているのです。つまり、自然の法則が人間に影響を及ぼしているのです。

人間は自然物であるから、生まれてから死ぬまで、自然の法則に左右されます。人間は自然の一部であるから、人間の寿命・健康・財・名誉・知恵・幸運などもまた、自然の法則の影響下にあります。すると自然の法則が解明されれば、人間の運勢もわかってくるのではないでしょうか。
こう考えて始まったのが運勢学です。一年、一月、一日と、大自然は、刻々と変化し、常に同じ姿を見せません。人間の人生も同様に、絶えず移り変わっていく。大自然を分類し、自然の法則を明らかにすることは、人間を分類し、運勢の法則を見つけ出すことにつながる。人間の意志とは関わりなく移り変わる自然の中に、人間の運勢を解き明かす鍵があるはずです。そして、その鍵は、天空の自然の中と地上の自然の中の両方にあります。太陽・地球・月・惑星や、海・山・林・岩石・春夏秋冬など、あらゆる自然を分析し、そこから導き出した自然の法則を、人間の精神や肉体、又は財・名誉・寿命などに当てはめていけば、人間の意志ではどうすることもできなかった世界が見えてくるはずです。このような考え方から、運勢学は生まれ、発展してきました。


算命学

算命学という学問は、思想学と運勢学とで成り立ちます。思想学とは、先に述べた自然思想のことであり、運勢学とは、自然思想を応用して運勢を調べていくものであります。算命学の運勢学は、技法的には「算命学十六元法」という膨大な量の技法から成り立っているが、全ての技法が、しっかりした理論の上に成立しています。算命学は人間の運勢を見ることができるので、「占い」であると思われやすいですが、ただの「占い」ではありません。算命学の精密な運勢学も、科学的・理論的な思想学が一体となって、初めて完成します。だから、占いとしての技法を知る以上に、算命学の考え方を理解することが重要になります。何故人間の運勢が解るのかとい理由までわかるようになります。全ての技法には根拠があり、また理論のないものは技法として扱わないからです。そういう意味では、「算命学は運命法則の解読方法」とも言えますし、また、「人間とは何か」について考える哲学であるとも言えます。

算命学

  • 思想学(自然思想を基に、自然の法則を求める)
  • 運勢学(人間の生き方と自然の法則を組み合わせ、鑑定をする。思想学の立証)

⭐︎

Blogランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学を使ってあなたのメカニズム・ライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


4つの視点

  • 運命学・算命学・宗教歴史学・神事などの運勢学的視点
  • POP・NLP催眠療法・癒しの理論・各種加速学習などの心理学的視点
  • 自らの起業経験・企業コンサル経験・グローバル企業勤務経験などのビジネス的視点


”4つの視点”で”貴方だけのメカニズム・宿命に沿った未来のリデザインをします”
皆様のご連絡を心からお待ちしております。

ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com