読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

<開運 干支・星読み> 2017年1月17日 日干支【甲辰】【天堂星】”あきらめず進める心”と”慈愛と心の柔軟さ”を大切にする。

f:id:hatayan1214:20170117120357j:plain
<開運 干支・星読み> 2017年1月17日 日干支【甲辰】【天堂星】
”あきらめず進める心”と”慈愛と心の柔軟さ”を大切にする。

目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎
本日は決して短慮(プッツンせず)にならず、
”あきらめない心”大切にして、粘りづよくお仕事、ライフワークの交渉・革新を進めてください。

火の粉、困難、障害が起きても、感情的にならず、ぐっと我慢して善処してください。
必ず良い結果、成果につながります。

本日は”口は災いの元”です。
注意してください。 
 
慈愛と心の柔軟さを意識して、
おだやかな気持ちでお過ごしください。



甲の意味

”甲”は十干で最初の干で、これから始まる10日間の”スタート”を表します。
”春”の季節で”始まり”の時を意味します。


甲は”よろい”を意味します。
象形文字で、
”よろい”をつけた草木の新芽が、その殻を破り頭を少し出す様
を表します。
この新芽が出る様から、”はじめ・はじまる”を意味します。
”新たな生命・創造・開発”にも通じます。

物事をはじめるには良い時です。


<会社組織・人事>に置き換えてみると、
「今までの既存勢力・旧体制に限界が来て、破れ革新・改革の動きが始まる」
を意味します。


<パーソナルな実践>となると
「自然の機運に応じて過去の慣例・慣習・考え方・因習を破り革新に一歩を進む時」
と読み解くことができます。


甲木は十干の出発地点で、”スタート”を意味します。
”殻を破りはじめる”です。


<注意点>としては、
”旧来の因習になれていて、なし崩しになったり、ルーズになる傾向”があります。



辰の意味

”辰””震”に通じます。
”震は雷が轟き天地が震動する様”を表します。
如何なる事変が起きても恐怖狼狽せずに、しっかり守るべきことを守る事。
を意味します。


易経「震」の卦には「震は亨(とおる)」とあります。
”最終的に結果は良し”を意味します。


”雷”は陽気の象徴です。
人が雷に恐懼する様に、言動を戒(いまし)め慎(つつし)み、慌てずに自然に為すべき事をやれば良い結果を得られる。
と読み解けます。

つまり
”口は災いの元”を意味します。
初心を思い出して戒慎・謙虚な心構えで周囲に関わります。
その結果、良い方向に向かっています。
そして、
何が起きても落ち着いて対処する事が大切です。


”辰””伸・振・震”に通じます

  • ”伸”は陽気が動き万物が伸びる様を表します。
  • ”振”(ふるう・ととのう)は万物の形が整い活力が旺盛になった様を表します。
  • ”震”は春が深まり春雷が振るう様を表します。

⭐︎⭐︎⭐︎


甲辰の意味

甲辰を合わせて読み解くと、
ちょうど春の始まりを表し、新芽が古い殻から頭をだし、旧体制・古い考え方・固定観念の殻を破り”革新の道”を進まなければならない。
しかし、
その道には、様々な障害・抵抗・妨害があり、その困難から逃げず向きあう努力をしながら慎重に成長してゆく事。
と読み解くことができます。

つまり、
革新・変容を推し進めるにあたり、外界の妨害や抵抗があり、それへの対処・交渉に苦慮しながらも闘う。

そして
絶対に諦めてはいけない。
です。

⭐️天堂星

”甲辰”は算命学の十二大従星の”天堂星”という、「発展段階の最後」「生命の発展・高揚が最盛期を過ぎた状態」のエネルギーを持つ星を備えています。
”天貴星”は別名「長老の星」とか「陰居の星」といわれます。


十二支では「未(び・ひつじ)」を備えています。

「五行大義」では「未」は眛(まい・くらい)で、”陰気が既に生長して万物が少しずつ衰え始め、その形相や状態(体)がすっきりしなくなる(曖昧)こと”書かれています。

史記」は”万物が成熟しきり死期に到り、林のように群がり立っている様を表す”と言っています。

「白虎通」「漢書」には”万物が成熟して滋味(深い味わい)ある”と書かれています。


活動的な「陽」の活力が衰え始めたのに相応じて、静かで穏やかな「陰」の気が生長して、陰陽相い応じ相待(たの)みあって(陰陽相待)、バランスの取れた中で、まだ活力を保ちながら後退していく姿を表しています。

肉体が置いていくる時期に、肉体のバランスが保てるようになり事故のエネルギーが美となって燃焼され、肉体が最強である時よりも、弱に転じるところに美があり、その美は「物事の後始末や処理能力」にあるとも言われています。


静かで穏やかな、バランスのとれた状態の中で、活力を保ちながら後退していく、ちょうど爽やかで涼風が吹き始めた晩夏の夕暮れの様を表します。
陰陽相い待(たの)む静穏でバランスのとれた時間を意味します。


⭐️星からのメッセージ(天堂星)←新追加項目!!
  • 物事の後始末・処理能力を発揮するには良い日です。
  • 慈愛と心の柔軟さが良い結果を生みます。
  • 引っ込み思案になり消極的になり過ぎないことです。

⭐︎⭐︎⭐︎

最後に

目の前の試練・課題・妨害・障害に対して、決して短慮(プッツンせず)にならず、
慎重に、あきらめない心を持ち、粘りづよく交渉・改革を進めてください。

火の粉、困難、障害が起きても、ぐっと我慢して善処してください。
それが必ず良い結果、成果につながります。


⭐️本日の開運フレーズ

  • 如何なる突発的な事変が起きても、決して恐怖狼狽せず、守るべきものを守れば、最終的には良い結果になります。

⭐︎

  • 旧来の因習・ライフスタイルに慣れてしまい、なし崩しになったり、流されルーズになる事に注意します。

⭐︎

  • 「口は災いの元」です。

⭐︎

  • 物事の後始末や溜まっている業務処理に着手すればとてもはかどります。


本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。


Blogランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学を使ってライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


4つの視点

  • 運命学・算命学・宗教歴史学・神学などの運勢学的視点
  • POP・NLP催眠療法・癒しの理論・各種加速学習などの心理学的視点
  • 自らの起業経験・企業コンサル経験・グローバル企業勤務経験などのビジネス的視点


”4つの視点”で”貴方だけのメカニズム・宿命に沿った未来のリデザインをします”
皆様のご連絡を心からお待ちしております。

ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com