読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

We Can Write! 『落ちこぼれの文章術』文章作成の為のガイドライン ”7つのライティングプロセス”

目次

文章コンプレッスクの塊が私が文章のガイドライン・手引書について投稿します。

突然ですが、
いつも文章の書き出しの時に思考が混乱してしまいとても困っています。
そして、その混乱状態の思考を整理整頓する為にとても多くの時間を費やしています。
常日頃から、読み手が嫌悪感を抱く事の無く目を通して頂ける文章にまとめる為の”手引書”が欲しいと思っていました。

そこで、
ライティング落第生の私ですが、無謀にも私自身の為に、
”簡単に文章を書く為のガイドラインについて考えてみました。

少しでも多くのライティング恐怖症の方のお役に立てたら嬉しいです。


思考を整理する<5フレームライティング>

以前の投稿させて頂きましたが”5フレームライティング”は自分の意見を明快・簡潔に相手に伝える為の方法の一つです。

混乱した思考を大まかに整理整頓するにはとても便利です。

  1. 『序文・はじめに』でテーマ・メッセージを簡潔に述べます。テーマ・メッセージの告知を意味します。
  2. 『本論①から③』では、『序文・はじめに』で告知したテーマ・メッセージを”3つの異なる視点”から説明・肉付けします。
  3. 『結論・まとめ』は最後に『序文・はじめに』のテーマについて表現を少し変えて同じ事を述べてテーマ・メッセージを再強調させます。

hatayan1214.hatenablog.com



7つのプロセス

ライティングにすぐに取り掛かりたい気持ちを”手放します”
全体像・概略を掴む為に”文章作成7つのプロセス”を考えました。


先ず最初のプロセス”目標の再確認”です。

  • そもそも自分は何の為に書いているのか?
  • 何を達成しようとしているのか?
  • 自分のビジネスの目標は何か?

これらを自問します。
そして私は最後に自分に強くこう言い聞かせます。
「伝えたいアイディアは大きな目標・理念に沿っている」


第2のプロセス”Whyの力”でアイディアを再構築します。
「Why…何故?どうして?/何故なら」を幾度か繰り返して文章にするプロセスです。

「なぜそう感じたのか?」「どうしてそう思うのか?」を書くことで、自分の思いや感想を分かりやすく相手に伝えることができます。
何故への解答が文章に厚みをもたらします。

  • 何故このアイディアは読み手にとって重要なのだろうか?
  • 読み手にとってどの様なメリットがあうのだろうか?
  • 彼らが目を留めてべき理由はなんだろうか?
  • 読み手にどのような価値を提供出来るだろうか?
  • 私は読み手に最終的にどのようなアドバイス・助けを提供するのだろうか?

POINT
Whyの力で再構築された文章を"ページの頭"に持ってきます。

hatayan1214.hatenablog.com



第3のプロセス”例やデータ”の付加でテーマを支えます。
テーマと関連するデーターを調べて、記載し読み手の信頼を獲得します。
テーマに関連する自分の経験は、読み手からの共感を得る大切な情報になります。

POINT
自分自身を情報として使うことが出来れば、読み手とつながる可能性は大きく広がります。



第4のプロセスは”5フレームライティング”を使って整理します。
We Can Write! 『落ちこぼれの文章術』誰でも簡単に文章が書ける『5フレームライティング』 - はたやんの手帖



第5のプロセス”一人”の為に書きます。
伝えたい・助けたい人を一人想像し、その人と結びつける事を意識して文章を書きます。
POINT
”全ての人では無く、誰かにあてて書く”ことが大切です。



第6のプロセス”書く”(下書き→寝かす→編集)するです

読みやすさ、文法、語法、綴りや完璧なセンテンスを一切手放します。
そして下書きを完成させます。

可能であれば1日寝かします。
一晩寝かす事で、睡眠中に脳内で整理整頓が進みます
日が変わると氣も変わり、脳はリフレッシュされて近視眼的思考から解放されています。

POINT
脳がリフレッシュされ整理整頓された状態で文章を編集します。



第7のプロセス”提示する”です。
読み手に次に本当にして貰いたい事・行動して貰いたい事を素直に提示する。

  • セミナーの告知
  • パーソナルセッションの案内
  • メールマガジンへの登録
  • 無料コンテンツへの登録

決して読み手を最後迷わせない様にする事が大事だと考えます。
とても大切なプロセスです。

POINT
躊躇せずに臆する事無く要求を提示します。



最後に

ここで書かせて頂いた文章作成法は、私が現時点で必要と思われるプロセスです。
そもそもライティングに関して”落ちこぼれ”の私が書いたガイドラインです。
多くのご意見・ご指摘はあるはずです。

しかし、
40年以上の間、文章にコンプレッスクを持ち、長い間距離を置いていた私が、1年前から少しづつ文章に対してのトラウマを解消しメンタルブロック解除してきました。

文章に関してマイナスのスタートだった私がコツコツ実践しながら身につけて来た事だからこそ伝えられるメッセージがあると信じ、無謀にも文章術に関する投稿を挑戦しました。

この7つのプロセスの順番は気にする必要はありません。
一つの提案・指針と捉えてください。
流石に、第7のプロセスから始める事はお勧めできません。
取り組みやすいプロセスから初めて頂いて結構です。


本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村



パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り、受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、
運命学・算命学・心理学・NLP・POP・催眠療法・癒しの技術と大手外資系企業での経験・自らの起業経験をベースに、貴方だけの特徴・強みを生かした未来創造をサポートし貴方の幸せを応援します。
お気軽にご連絡ください。
ご連絡を心からお持ちしております。

ご予約アドレスはコチラ↓
qjbxc130@i.softbank.jp

FaceBookメッセンジャーからもお申込みください。↓
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004101669133&fref=nf&pnref=story


詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com