はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

就寝前の時間の”質”が変われば人生が変わる

f:id:hatayan1214:20161211105137p:plain

睡眠中の脳の性質

物忘れが多かったり、思考がうまく整理できないのは睡眠不足が原因であるケースが多く、脳も他の体のパーツと同様に疲労し十分な睡眠を取らなければ回復できません。
脳は記憶の定着や思考の整理は起きている時よりも寝ている時の方が進みやすいのです。



睡眠中の脳のメカニズム

レム睡眠中には、思考系の中枢である前頭葉も含め、脳全体が活動している状態にあるそうです。
ちなみに、よく言われているように睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があり、レムとは(REM)ラピッド・アイ・ムーブメントの略で高速眼球運動です。


睡眠中と起きている時の最大の違いは、
新しい情報が入ってこない事です。


新しい情報が入力されない状態で脳は一時的に保存していた記憶をより永続的な記憶に変換したり、
得た情報の取捨選択・思考の整理に集中作業しながら、
ノンレム睡眠中では大脳は休憩させ、
朝目覚めた時には疲労が回復し斬新なアイディアが浮かびやすくなるといったメカニズムだそうです。


寝るまえの大雑把なインプット

脳のメカニズムを利用することで私たちの人生に角度つけることができます。

睡眠時間思考の整理時間ととらえ、
夜の時間はざっくりとインプットする程度にして、

あとは十分に睡眠時間を取り、
朝起きてから整理する
それが最も合理的で”質”の高い就寝前の時間の使い方です。

就寝前は睡眠中の整理力を期待してザックリと勉強する程度が効果的です。
睡眠時間を最低でも6時間できれば7時間半は必要と言われています。
要は寝ないから良い結果が出ないともいえます。
「睡眠は記憶の定着・思考の整理の大切な時間」


最後に

アイディアを生み出しやすくする方法の一つは寝る前に情報を蓄え、
大雑把に考えて寝ている間に思考が整理され、
翌朝、少しまとまったアイディア書き留めて、
日中は仕事・活動をし、夜になったら情報を蓄えて大雑把に考えて寝る。
とっいた習慣を続けていると練られたアイディアが出やすくなります。


ドリーム・ストリーミング

寝る前に紙一枚とペンを用意します。
ベット上で目をつむり自分の潜在意識に”自分が解決したい事に関する質問”を唱えます。
起床後直ぐに、夢や起きた瞬間の画像をイメージ・イラストで紙に描きます。
慣れてくると潜在意識は様々なイメージを見せてくれる様になります。
そして、
その描きとめたイメージが、、一体何に関連するか自問し、
事前に用意しておいてメモ帳に出来るだけ考えずに思いつくままに書き出します。
夢と潜在意識の力を使う問題解決メソッドです。



本日も最後まで読んで頂きまして本当にありがとうございます。


Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り、受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、
運命学・算命学・心理学・NLP・POP・催眠療法・癒しの技術と大手外資系企業での経験・自らの起業経験をベースに、
パーソナルセッションをさせていただきます。
人生に角度をつけたい方お待ちしております。
詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com


関連記事
http://hatayan1214.hatenablog.com/entry/2016/12/06/%E6%9C%9D%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%AE%E2%80%9D%E8%B3%AA%E2%80%9D%E3%81%8C%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%B0%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%8C%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8Bhatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com