読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

自分をビジネス化して近い将来に”仕事”と感じなくなる生き方へ

f:id:hatayan1214:20161208021607p:plain
数年後に世界の大イベントであるオリンピックが開催される予定です。

しかし、
社会全体に閉塞感のような暗く冷たい雲に覆われているような感覚を持ちます。
私たちが子供の頃に感じていた未来への希望・無邪気な明るさみたいなものは、
感じられない時代になっています。

原因は様々ですが、
大きな理由は、
国家の屋台骨である人口の加速的な減少。
酷すぎる台所事情から私たちが生きている基盤。

プラットフォーム自体が崩れかけている。
という不安からでしょう。

国は支払う気の無い・瓦解寸前の脆弱な年金システムを維持するの必死です。
政治家は選挙の時だけ”経済成長”と言い続けるだけ、
一向に成長している気配は感じられません。

当然、不成長経済の上にある大手企業はなるべく投資を控えてキャッシュを貯め込みます。
益々悪い循環に入っていきます。

マイナス金利と言う最後の金融緩和策を投入しても市場の反応は薄く、
世界を見ればアメリカ経済、中国経済の失速、イスラム国の問題。
日本を取り巻く中国との安全保障の問題。
ほんとに状況は悪くなるばかりです。

明るい未来を見出せず、
何とも言え無い、
先の見え無いことへの
不安感・不快感・苛立ちの様な負の想念が蔓延し始めているからだと思います。



マインドセット

国家や会社に依存しすぎない生き方を考える時期に来ています。

会社で働いていれば給与がどんどん上がる時代は終わりました。
もはや、経済は現状より悪化していく事を前提に人生を考える時です。
もちろんオリンピック景気の様な高揚はあるかもしれませんが、
中・長期的に見たら一時的なものです。
現状を正しく知り・受け入れ・国家や会社に依存しすぎずに、
私たちの未来をリデザインする時がきました。



ハイブリットな起業家マインド

今の仕事をしながら自分もしくは自分と誰か(モノ)とをビジネス化していく準備を始める時がきました。

サラリーマンをしながら無理の無い範囲で自らの人的資源を新たなビジネスへ投資する考え方です。
つまり、会社を辞めずに自らを<会社化・ビジネス化>しフルタイム起業家の様なリスクを犯さず多角化するマインドです。

繰り返すようですが、
国家、会社は守ってくれない、
自分で自分を活かす時代です。


ほんとの自分を自由に生きる為に、
今の現状を変えていくことは、
いたって普通のことなのです。
国家も会社も私たちを守るだけの力はもう無いからです。

今後、
リスクを冒さず、
将来への希望と起業家マインドを育むことができる

従来のパート感覚・週末起業の先の進化した形、
ハイブリット起業家が今後益々増えてくるでしょう。


ハイブリット起業家

事を急がずに本業(会社員・既存のビジネス)を維持しながら、
じっくりとアプローチするこでコスト・リスクを最小化し、
最終的に独自のビジネスを創り出し、
本業だけでは決して得られなかった生活レベルの向上を実現する。

本業を維持するので、
被る被害を最小限に抑えながら、
人生の多角化・多様化・リスク分散を得ながら、
将来性を育むことができます。

しかし、
ある程度のリスクを負わなければ、
会社員としてのライフサイクルは出られません。
つまり、
富の可能性・源泉も得ることは出来ないのです。

事業のオーナー・自分のビジネス化をして初めて本当の価値を生み出す機会を得ることができるのです。



それには、
思わぬ副産物もついてきます。
ハイブリット起業家になるまでのプロセス・過程を、
本業の安定したベースの中で、
楽しみ・味わい・経験する。
ことが出来るのです。

これは後々の、
他者・他社に対してのアドバイザー・コーチ・コンサル・共同経営者としての未来へとつながります。
それは起業のスキル・経験と言うスキルが身につき、
自分の価値も向上する事を意味します。


そして、
人生そのものにやりがいが産まれ、
仕事とは感じない生き方に移行していきます



パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り、受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマにパーソナルセッションをさせていただきます。
詳細はこちらです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com



最後までお読み頂きましてありがとうございます。

Blogランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


関連記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com