はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

対米黒字口実に日本の為替介入牽制!!-米財務相が通貨安誘導国 日本、中国、ドイツを監視リスト対象に!-

f:id:hatayan1214:20160502014706p:plain
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160430/k10010504471000.html
<引用>
アメリカ財務省は各国の為替政策に関する最新の報告を公表し、通貨を意図的に安く誘導する為替操作への監視を強化するため、中国や日本など5つの国と地域を、輸出を増やそうと、自国通貨の為替レートを安く誘導する政策を行っていないかどうかを重点的にチェックする「監視リスト」の対象にして動向を詳しく分析していくと発表しました。


アメリカ財務省は29日、世界の主な貿易相手国の為替政策などを分析した半年に1度の報告を公表しました。
今回の報告からアメリカへの輸出で巨額の黒字を計上していたり、通貨安を誘導する為替介入を続けていたりする国や地域を新たに設ける「監視リスト」に載せることになりました。


f:id:hatayan1214:20160502015045p:plain
中国、日本、韓国、台湾、それにドイツの5つの国と地域を対象にして特に監視を強化すると発表しました。
このうち、日本については対米貿易が多額の黒字になっていることから対象となりましたが、過去4年間、円安に誘導する市場介入はしていないと指摘しました。


f:id:hatayan1214:20160502014746p:plain
報告では日本の政府内から、このところの円高ドル安傾向は「過度な動き」で、「場合によっては必要な措置をとる」と市場介入を示唆したとも取られる発言が出ていました。


f:id:hatayan1214:20160502015242p:plain米は日本政府に対して今の円相場の動きは「秩序を保っている」という見解を示して反論し、日本をけん制しました。

この「監視リスト」はTPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡り、アメリカ議会が意図的な為替操作への監視強化を求めたことに対応したもので、今後、対象国の為替政策などが重点的に分析されることになります。




twitterの声

https://twitter.com/lakililac/status/726309680230735872




最後に

輸出を増やそうと、自国通貨の為替レートを安く誘導することがないように日本、中国、韓国、台湾、ドイツの市場介入をけん制する狙いでしょう。
日本は対米貿易で黒字計上している事と麻生財務相らの「場合によっては必要な措置をとる」という発言に反応したようでうすね。
ただし、一応日本は過去4年間意図的な円安誘導はしていないとされています。

今後、世界的な経済停滞のが続くと囁かれる中で、日本は熊本大地震の継続的な復興援助政策、消費税増税と経済的に厳しい状況や局面が続いていきます。
6月のG7までは、あからさまには為替介入はできないでしょうし、このまま円高が続くようでは先行きが非常に厳しく感じます。




本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


関連記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com