はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

安部首相 改めて憲法改正を目指す意向示す -参議院議席2/3獲得難、野党の協力を得たい考え-

f:id:hatayan1214:20160430022101p:plain
首相 野党の協力も得て憲法改正目指す考え | NHKニュース
<引用>
安倍総理大臣は29日放送された民放の番組で、夏の参議院選挙で非改選も含めて、自民・公明両党だけで憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を確保するのは「ほとんど不可能に近い」と述べ、野党側の協力も得て憲法改正を目指す考えを示しました。
この中で、安倍総理大臣は憲法改正について、「もっと国会の憲法審査会で活発な議論をすべきだ。指1本触れてはならないという考え方はおかしい。ある意味、今を生きる政治家として責任を放棄していることではないか」と述べました。
そのうえで、安倍総理大臣は「夏の参議院選挙で、与党だけで憲法改正の発議に必要な3分の2の議席を取るのはほとんど不可能に近い。与党以外の政党や個人をいかに集めることができるかということではないか」と述べました。
一方、安倍総理大臣は衆議院の解散・総選挙について、「今まで全く考えておらず、今も考えていない。熊本地震の発災以来、先手先手で対応することを心がけ、それに全神経を集中していくという思いで取り組んでいく必要がある。その意味において、全く解散について私は考えていない」と述べました。
また、安倍総理大臣は来月の伊勢志摩サミットに合わせたアメリカのオバマ大統領の広島訪問の可能性について、みずから発言することは避けたいとしたうえで、「なぜ、日本が核のない世界を作ることや、核兵器の廃絶を訴え続けてきたかということを理解していただけるのではないか」と述べました。


関連記事
mainichi.jp





twitterの声






最後に

憲法改正自民党は立党当初から党是として掲げてきていて、衆議院を2/3抑えている今、まさに立党当初の悲願が成就できる可能性が出てきています。
参院を与党だけで2/3確保する事は現実的に困難であることから、おおさか維新の会を含め野党への協力を呼びかけ、是が非でも憲法改正に漕ぎつかせたい思いが伝わってきます。
民進党の岡田さんは徹底抗戦の構えでいるようですが、野党の中でも憲法改正に賛成する声も出ています。
大半の国民は憲法改正よりは経済・税金への関心が強い中で、果たして国民の信任を得て憲法改正に漕ぎ着ける事が出来るのでしょうか?
まずは、熊本大震災への政府の対応しっかりと見させていただきましょう。




本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村




関連する記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com