はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

-せめて息子だけでも欧州へ、アフガンの親たちの苦渋の選択-

f:id:hatayan1214:20160429020701p:plain
せめて息子だけでも欧州へ、アフガンの親たちの苦渋の選択 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
<引用>
【4月28日 AFP】アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)に標的にされている同国のモハメドさんは、ズボンを少し下げて、胴回りの爆弾の破片による複数の傷痕を見せてくれた。
欧州に移民らを密入国させる密航業者に10代の息子2人を託すという苦しい決断を正当化するために──。
ハメドさんの息子たちのように、欧州へ渡るアフガン人の少年たちの数が前例のないほど急増している。
「自爆攻撃、空爆、殺人──私の子どもたちは虐殺から離れて生きていくべきだ」と、モハメドさんはシャツをたくし上げて、さらに深い裂傷を見せながら語った。
彼は、8人の子どもたちのうち14歳と17歳の2人を密航業者に頼んでドイツへ渡らせる準備を、何か月もかけて行ってきた。
ハメドさんはここ数年、首都カブール(Kabul)の自宅で2度の手りゅう弾攻撃を受け、かろうじて生き延びた。家の前庭には、爆弾の破片によって穴だらけになったコンクリート片が散乱している。
彼に送られてきたタリバンからの脅迫文の一つには、「今度はお前を殺してやる」と書かれていた。
またアフガニスタンの情報当局からも、3人の娘を含む一家全員が誘拐される危険があると、警告されている。
こうした脅迫は、昨年9月に東部ガズニ(Ghazni)州の刑務所をタリバンが襲撃し、数百人の受刑者が脱走して以来、増大している。
「子供たちは欧州へ向かう途中で殺されるかもしれない。だがここにいても殺されるだろう」「欧州が国境を封鎖して、息子たちが途中で拘束されて行き場を失ったとしても、アフガニスタンにいるよりは安全だ」とモハメドさんは言う。
多くのアフガン人が、財産や家を売って、息子たちを密航業者に託している。欧州などで亡命申請が認められ、ほかの家族を呼び寄せてほしいとの希望を抱いてのことだ。


未成年では最多、アフガン人の移民・難民

欧州へ渡る移民・難民の国籍はシリア人が最多だが、保護者の付き添いのない未成年に限ると、アフガン人が最も多い。
未成年の移民・難民が好んで目指すスウェーデンは2015年、14年に欧州全体で受け入れた人数よりも多い、約2万4000人のアフガン人の子どもを受け入れた。
「親たちに苦渋の選択を強いる絶望感を想像してほしい」と、国連児童基金ユニセフUNICEF)のサラ・クロー(Sarah Crowe)氏は言う。
国連(UN)によれば、欧州へ渡ろうとして、1日平均2人の子供が水死している。
さらに欧州に押し寄せる大量の移民・難民にもまれる中で、数千人の子どもたちが行方不明になっていると、活動家たちは警告している。
仏パリ(Paris)とベルギーのブリュッセル(Brussels)でテロ事件が発生したことにより、欧州での反移民感情があおられ、移民・難民たちが送還されるリスクも高まるだろう。
「でも、ほかにどんな選択肢があるというのか?」と、モハメドさんの17歳の息子、ハミド君は言う。
国境の取り締まりなどが強化されるなか、欧州のビザを取得するのは困難だ。増え続ける欧州を目指す人の波は、偽造ビザ産業を生み出している。
カブールの薄汚れた狭い路地にある旅行代理店に入ったハミド君は、店員にトルコのビザを取れる可能性はあるかとこっそり聞いた。
「男性1人だと6000ドル(約65万円)、家族なら1人4000ドル(約43万円)」だと店員は言った。多くのアフガン人にとっては、到底払えない金額だ。
額が違うのは、若い未婚の男性はイスラム過激派との関連の疑いを起こさせるからだと、店員は言う。
「ビザが偽物ではないという確証はあるのか?」とハミド君が聞いた。店員は「100%本物のビザを得られる」、「国境で確かめてみるといい」と話した。(c)AFP/Anuj CHOPRA



twitterの声



最後に

「欧州が国境を封鎖して、息子たちが途中で拘束されて行き場を失ったとしても、アフガニスタンにいるよりは安全だ」
この意味は僕ら、もともと自由を選択できる国、日本にいたら分からない感覚でしょう。
「さらに欧州に押し寄せる大量の移民・難民にもまれる中で、数千人の子どもたちが行方不明になっている」
これは何を意味しているのでしょうか?
人身売買、臓器売買、。。。。。。
安心して生きれる国に生まれた僕ら。
何かできる事があるような気がします。
感情的なって本当にすいません。
未熟な私には衝撃的でした。



本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村



おすすめ記事
関連記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com