はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

「顧客」は誰か?

サッカー・フットボールを統計的観点から読み解いた本によると、年棒総額とリーグ順位には相関関係があるようです。
確かに強いチームを目指すには優れた選手が必要で、その選手の年棒を保証するためにも売上高を増大させるよう活動しています。

チャンピオンズリーグ優勝回数】
1位:レアル・マドリー 10回
2位:ACミラン 7回
3位:FCバイエルン・ミュンヘン 5回
3位:FCバルセロナ 5回
3位:リバプールFC 5回
6位AFCアヤックス 4回
7位FCインテル・ミラノ 3回
7位マンチェスター・ユナイテッド3回
9位:ユベントス 2回

f:id:hatayan1214:20160427233135p:plain
チャンピオンズリーグでの優勝回数ランキングのトップはレアルマドリード
続いてミランバイエルンバルセロナリバプールと続きますが、世界的な監査法人デロイトが発表している、デロイト・フットボール・マネーリーグによると、これらのチームの殆どが、売上規模トップ10に入っています。
ACミランがチームの調子も売上(12位)も不調気味ですが・・・勝てない=売上にならないのでしょうかね。
今年のベスト4のクラブチームはアトレティコマドリードを除き売上高トップ6に入るクラブで、レアルマドリードに至っては11年連続で世界一の売上げを誇っています。

ビッグクラブが名を連ねる優勝ランキングの中で、アヤックスというチームは売上高でみると140億円ほどであり、マンチェスターU(591億円)、ユベントス(413億円)と比べると規模は小さいです。

アヤックスは一昔前に3連覇を成し遂げた偉業があります。
しかし最近は優勝から遠のいています。
実力としても上記のチームには及ばないところが現状です。

ではこの財政の規模で何を成し遂げようとしているのでしょうか?
サッカー・フットボールという同じ世界で戦っているようですが、ビジネス戦略上は大きな違いがあるのではないでしょうか?



本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


おすすめ記事
関連記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com