はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

東京オリンピック2020年大会のエンブレム決定!「組市松紋」 市松模様で ”粋な日本らしさ” を表す。

東京オリンピック2020年大会の新エンブレムが決定しました。

「組市松紋」

最終候補に残った4案から選考されたのは、野老朝雄(ところあさお)氏がデザインを手がけたA案.「組市松紋」
f:id:morimaopal77:20160425224621j:plain
『歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。
形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。』

出展:2020年東京オリンピックパラリンピック大会組織委員会


海外の反応

海外のネット上での反応を見ると、
「日本らしい」「地味」「伝統を感じる」「無難すぎ」「これこそシンプルモダンだ」「シンプルすぎる」との意見が見られました。
華やかさに欠けるものの、古風で粋な日本の伝統を感じるデザインだ・・という所でしょうか。
藍色で統一されたデザインを「地味」と感じるか「渋い」と感じるかは人それぞれですが、
見ているうちに段々馴染んでくる種のデザインと言えるかも。
何にせよ、(盗作疑惑があったとはいえ)これほどまでにエンブレム決定に注目が集まったのは珍しいこと。
グラフィック・デザインの持つ影響力や魅力を皆が知り、喧々諤々の議論が沸き起こるのは悪い事ではないのかな、と感じます。


「我が子のような作品」

制作者の野老さんは「とても長く時間をかけて作図した。我が子のような作品」とコメントしています。野老さんは紋様デザインを得意とし、 大名古屋ビルヂングのデザインなども手掛けています。
f:id:morimaopal77:20160425224552j:plain
出展:www.aoyama5.com
紆余曲折ありましたがエンブレムも決まりました、
さぁ、 リオ、そして東京でのオリンピックにワクワクしようではありませんか!




本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。


Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村



関連記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com