はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

【驚愕】三菱自工1990年からデーター改ざん。三菱グループの天皇 放言 -燃費なんて誰も気にしていない-。

三菱自工1990年からデーター改ざん常態化

f:id:hatayan1214:20160427051221p:plain
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160426-00000953-fnn-soci
<引用>フジテレビ系(FNN) 4月26日(火)12時29分配信
f:id:hatayan1214:20160427051349p:plain
三菱自動車燃費不正 1990年代から同様の手口でデータ改ざんか
燃費性能を高く見せるため、データを改ざんしていた三菱自動車が、不正を行った4車種以外にも、1990年代から同様の手口で、データの改ざんを行っていた可能性があることが、関係者への取材で明らかになった。
三菱自動車は、4車種のあわせて62万5,000台で、燃費性能試験に使用されるデータを意図的に改ざんしていたほか、2002年ごろから、10車種で、国の定める走行試験とは違う試験を実施していた。
このうち、データの改ざんは、2輪駆動車のデータを流用したり、走行試験をせずに、机上の計算だけの数値を国に提出していたことが、新たに明らかになった。
また、これまでの国の立ち入り検査などで、こうしたデータの改ざんが、リコール隠しが発覚した以前の1990年代から行われた可能性があるという。
三菱自動車は、こうした内容の調査結果を26日午後4時に国土交通省に報告し、そのあと、記者会見を行う予定。

youtu.be




「燃費なんて誰も気にしていない」“三菱グループ天皇”が放言

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00507912-shincho-soci
<引用>
目下、世間の注目を集めている三菱自動車の「燃費データ不正操作問題」について、“三菱グループ天皇”と呼ばれた三菱重工相談役・相川賢太郎氏(88)が「週刊新潮」の取材に答えた。
三菱自動車が突如として記者会見を行ったのは4月20日のこと。「燃費の数字を良く見せ意図的に操作したのは確かだ。経営責任を感じている」と謝罪した相川哲郎社長は、賢太郎氏の長男である。
賢太郎氏は三菱重工の社長を1989年から3期6年、会長を2期4年務め、今も三菱グループ全体に影響力を持つ。そんな賢太郎氏が取材で語った内容は、もはや“放言”に近いものだった。まず不正そのものについては、「あれはコマーシャルだから。効くのか効かないのか分からないけれど、多少効けばいいというような気持ちが薬屋にあるのと同じ(略)軽い気持ちで出したんじゃないか、と僕は想像していますけどね」
 つまり、カタログ記載の公表燃費性能は“コマーシャル”で、それを良く見せるために軽い気持ちで不正を働いた、という見立てである。さらには、「買う方もね、あんなもの(公表燃費)を頼りに買ってるんじゃないわけ」「実際に乗っとる人はそんなに騒いでないと思うんだけどね」
といった調子で、「週刊新潮」のインタビューに答えた“相川天皇”。
過去の度重なる不祥事で倒産の危機に陥るも、その都度立ち直ってきた三菱自動車だが、今回はどうだろうか……。




twitterからの声>


最後に

過去度重なる不祥事の中、経営危機を乗り終えてきましたが、今回はどうなるでしょうか?
熊本大地震のタイミングで記者会見。
またその記者会見の姿も、発見に至った時系列を説明するだけで、原因などには一切ふれず、正直反省の色を感じる事はできませんでした。
20年以上改ざんが常態化している会社です。
「顧客とは?」改めて真剣に考え、真摯に誠意を持って対応することを望みます。



本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


時事問題
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com