読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

舛添東京都知事【米国出張1泊スイート15万円 条例上限の最大3.8倍】【ホテル航空機代300万円-海外出張経費の検討委員会設置】

ホテル航空機代300万円-海外出張経費の検討委員会設置-

f:id:hatayan1214:20160423003647p:plain
舛添氏、米国出張1泊15万円 条例上限の最大3.8倍:朝日新聞デジタル
<引用>
舛添要一東京都知事の米国出張中(12~18日)の宿泊費が計73万5600円に上り、都条例が定める1泊あたりの上限を最大で3.8倍上回ったことがわかった。都が21日発表した。
舛添氏が就任した2014年以降の海外出張全9回分は29泊(キャンセル料、主催者負担を含む)で計約345万円。平均で条例の上限の3.5倍だった。
これまでの知事の出張をめぐっては、同行職員が多いこともあり経費が高すぎるなどと指摘されており、こうしたこともあり、海外出張経費の検討会を設置して過去の知事の航空機代・宿泊代について精査して無駄や削減することができるとおろが無かったかを検証するそうです


スイート連泊アメリカ出張 宿泊代・航空機代300万円

f:id:hatayan1214:20160423003309p:plain
米国で舛添氏はニューヨークとワシントンを訪問。
両市長らと会談したり全米桜祭りに出席したりした。

f:id:hatayan1214:20160423010908p:plain
都によると、計5泊した両市内の高級ホテルは会議室がついたスイートルームで、1泊あたり約14万円~15万2千円。
宿泊した部屋で現地メディアの取材を受けたという。
航空機代は計約225万円。
日米の往復と米国内での移動で計3回搭乗し、いずれも最上位のクラスだった。
舛添氏の9回分の海外出張のうち、宿泊費が最も高かったのは昨年10月のロンドン出張で、1泊19万8千円。
都市によって異なる条例の規定額との比較では、14年2月のロシア・ソチが5・6倍の1泊15万1800円で、隔たりが最も大きかった。
都は出張経費のあり方を精査中で、今年6月末に結果を公表するという。

youtu.be



舛添氏の言い分

高級ホテル滞在「削減すればいい、ではない」
高級ホテル滞在「削減すればいい、ではない」 舛添氏:朝日新聞デジタル
<引用>
舛添氏は、海外出張の費用が高額だと問題視されていることについて、「無駄はきちんと省くが、必要なことはしていかないといけない。必要な都市外交はやっていく」と話した。
高級ホテルに滞在することについて、突然の訪問客に対応する必要があることを理由に「きちんとしたところに泊まっているかどうかは非常に大事。
何もかも削減すればいいということではない」と述べています。



twitterからの声




最後に

f:id:hatayan1214:20160423152404p:plain
この方、昨秋にパリ、ロンドン出張でも職員20人同行させて約5千万円使用してきましたよね。
庶民感覚からすると宿泊する施設がスイートルームでなくてもいいのでは?と思います。
前回にあれだけの批判があったのに本当に懲りないですよね。
石原都政の時から海外出張は豪遊体質であったそうです。
(舛添知事だけ指摘されるのは少し不憫な気はしますが、、、)
条例制限限度額が申請で引き上げ許可が出てしまう仕組みを、モニタリング・都度公表も含めて改善は必要かもしれませんね。
海外出張でのスイートルーム連泊は差し控えて頂いた方がよろしいいかと、、、、、、


hatayan1214.hatenablog.com

youtu.be

youtu.be



本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


おすすめ記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com