はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

国際通貨基金IMF 16 年日本成長予測下方修正。17年主要国で日本だけマイナス成長 。消費税増税が需要縮小要因

f:id:hatayan1214:20160416005533p:plain
IMF(国際通貨基金)は2016年、日本の経済成長率の見通しを引き下げ、0.5%と予想。
これは主要国では最も低い水準であり、消費税率の引き上げ予定の来年は0.5%のマイナス成長,世界全体の成長率は3.2%と予想と回復のペースは一段と脆弱になっていることを懸念しています。
IMFは17年4月の消費税率10%への引き上げが国内需要が縮小させる要因になると判断したことになります。
主要国でマイナス成長の予想になったのは日本だけです。


世界的に需要促進必要

世界経済成長率予想は1月時点の3.4%でしたが、中国の予想以上の景気減速、長引く原油価格安、先進国の景気低迷が要因で、3.2%に引き下げられました。
予想引き下げは1年間で今回で4回目だそうです。
IMFは世界経済成長鈍化により通貨下落紛争悪化といった深刻な影響が出てくるリスクが広がっていると警告しています。
今週開かれる世界銀行総会に出席する各国の政策当局者に、構造的経済改革や、可能であれば財政刺激策緩和的な金融政策を協調して実施し、需要を促進するよう呼びかけているそうです。

景気減速は過ちが許される余地が狭まっていることを意味するし持続的な低成長は、潜在的な成長を損ね、需要と投資の減退という影響を及ぼしかねない」と強い懸念を表明。



中国経済次第で世界的な長期停滞の可能性

f:id:hatayan1214:20160413115557p:plain
IMF日本の成長率予想を日銀が導入したマイナス金利は個人需要を支えるものと評価しつつも0.5%と半分に下方修正、ブラジルの成長率予想は−3.8%とし、前回の−3.5%からの3ポイント下方修正、米国の成長率予想も2.6%から2.4%への2ポイントの引き下げ、その原因はドル上昇による米国の輸出への圧力の高まりと原油安が背景にエネルギー投資への低迷であると述べています。
注目の中国については彼らが一応発表している政策を考慮に入れた上で、16年6.5%,17年6.2%と成長率予想をやや引き上げる予想を立てていますが、景気減速が続く見通しは避けられないとの見解。
「中国が現在予想以上の景気減速に直面した場合、貿易や商品相場、信頼感を通じて世界に大きな影響が波及し、世界経済の減速がさらに広がる可能性がある。
更に今後の世界経済の成長はIMFの最新の予想を容易に下回る可能性があり、低成長による世界的なデフレスパイラルに陥り「長期停滞」に入る危険性を示唆しています。


最後に

IMFは2017年の日本経済成長を消費税増税を理由にマイナス0.5%と予想しています。
主要国で唯一のマイナス成長予想です。
2017年4月実施予定の消費税10%も先送りされるのでは?という雰囲気もありますが、
(3/28 16:32共同通信)安倍首相、「消費増税延期の報道を否定 10%に引き上げを明言」との報道がながれました。
来年4月予定の消費税率10%への引き上げを延期する方針を首相が固めたとする報道に関し「リーマン・ショック、大震災級の出来事が起こらない限り、予定通り消費税を引き上げていく考えだ」と述べ否定しています。

果たして本当消費税増税するのでしょうか?
仮に増税しなければ国際公約である2020年プライマリーバランス基礎的財政収支均衡化)の実現は困難になります。
しかし、2017年の世界経済の見通しが「長期停滞」に入るリスクがある中で、消費税増税が主な理由としてマイナス成長を予想されるているのであれば、果たして増税をするタイミングなのでしょうか?
世界経済の動き、日本政府、日銀そして参議院選挙の動向にも注意して見てい投稿していきたいと思います。


http://news.cube-soft.jp/archive/93129.htmlnews.cube-soft.jp

news.tv-asahi.co.jp



本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村



関連記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com