はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

【地震情報まとめ】地震被災地域拡大 4月16日発生九州大地震 マグニチュード7.1から7.3修正!阪神淡路大震災同規模 熊本地震は「前震」 今回が「本震」

16日午前1時25分マグニチュード7.3の地震は「本震」、14日夜発生した熊本地震は「前震」

f:id:hatayan1214:20160416090241p:plain

地震活動拡大中
身の安全を確保するよう呼びかけています。
気象庁青木元地震津波監視課長、午前3時半すぎ記者会見、16日午前1時25分グニチュード7.3地震は、14日の夜発生熊本地震マグニチュード6.5に比べ規模がはるかに大きく「熊本地震がいわゆる「前震」で、今回の地震が本震だとみられる」と発表。
「今回の地震で揺れが強かった地域は14日の地震よりも拡大。
揺れの強かった地域では危険なところから離れ、身の安全を確保して欲しい。
余震も多発、今後1週間程度は最大で震度6弱程度の余震が起きるおそれがあり十分注意が必要。
マグニチュード7.3の地震後、震源の北東側の阿蘇地方や大分県でも地震活動が活発化。
午前4時前、熊本県阿蘇地方で震度6強の揺れを観測する地震も起きています。
阿蘇地方など、揺れの強かった所に住んでいる方は今後の活動に注意が必要。
大分県などに地震活動が拡大今後の地震活動に備えが必要」。

熊本地震 気象庁の臨時記者会見 M7.3に修正 - YouTube

www3.nhk.or.jp


阿蘇山活動「注意深く監視」

f:id:hatayan1214:20160416101000p:plain
昨日までの地震活動と比べると、阿蘇山のかなり近い場所で規模の大きな地震が発生し始めていおる。
火山活動に影響がないとは言いきれない状況にあると注意をしている。
震度6強の地震のあと、阿蘇山近くが震源地震が発生中、地震活動が阿蘇山の近くまで拡大
今後、注意深く監視する必要。


熊本市全域で断水 4月16日 4時23分

www3.nhk.or.jp
熊本市上下水道局によりますと、午前4時10分現在、熊本市の全域、およそ30万世帯でで断水しているということです。

熊本市など10万戸余でガス供給停止 4月16日 8時12分

www3.nhk.or.jp
熊本市内全域や合志市など7つの市と町で合わせておよそ10万5000戸で、ガスの供給を停止

大分県内で6400戸停電 4月16日 4時27分

www3.nhk.or.jp
大分県内では6400戸が停電しているということです。停電しているのは、由布市で3500戸、九重町で2200戸、日田市で700戸となっています。

熊本 宇土市役所の庁舎が半壊 4月16日 4時09分

f:id:hatayan1214:20160416100907p:plain
www3.nhk.or.jp
震度6強を観測した熊本県宇土市では、市役所の庁舎が半壊しているということです。市役所は停電していて、職員が対応に当たっているということです。