はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

画期的な判決!! 裁判所がアマゾンに「誹謗中傷レビュー」した人の情報開示命じる判決下す

f:id:hatayan1214:20160411235447p:plain

「中傷レビュー」投稿者の発信者情報開示

アマゾンの書籍レビュー欄に「中傷コメント」を書き込んだユーザーの発信者情報開示を、東京都内のNPO法人が発信者情報の開示を求めて、運営会社のアマゾンジャパンを相手取った訴訟で東京地裁はユーザーのIPアドレスのほか、氏名や住所、メールアドレスの開示を命じる判決を下したそうです。

中傷を書き込まれた側にとっては発信者を特定するにあたって期間と費用ががかかり、ヤラレッぱなしの状態でした。
ほんとに読んだのか?と思う様なひどいレビューもしばしば見ることがありました。
サイト運営会社に対して1回の手続きで、IPアドレス、氏名や住所、メールアドレスが開示されるのは初めてケースで、画期的な判決になったそうです。


訴訟の経緯

2013年夏ごろにアマゾンの書籍レビュー欄に誹謗中傷めいた書き込みを行ったことに対して、書籍の著者が所属団体が名誉毀損匿の訴えを起こしアマゾンジャパンを相手取り発信者情報開示の訴訟を起こしていた。
アマゾンは、単にIPアドレスを保有しているだけでなくアカウント情報として正確なユーザー情報(氏名、住所、メールアドレスその他)持っているため、誹謗中傷レビューをした発信者の正確な情報(IPアドレス以外)を入手できるケースであったことがこの画期的な判決につながったようです。


最後に

アマゾンのレビュー欄が無法地帯の様に荒らされて名誉を傷つけられている人が多いとおもいます。
この判決のおかげで今後は誹謗中傷めいたレビューの抑止になると同時に、傷つけられた人が早々に名誉回復の処置が取れる様になればとても良いことだとおもいます。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00004525-bengocom-sociheadlines.yahoo.co.jp


本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


おすすめ記事

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com