はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

そろそろSIMフリースマホに変えようか?「コヴィア、5インチのビジネス向けWindows 10スマホ「BREEZ X5」約本体26000円

f:id:hatayan1214:20160407114353p:plain

そういえば、、、、
僕のスマホを電話として全く使用いない。。。。
 

おそらくここ数ヶ月で通話時間1時間にも満たないと思われます。

iphone2台(個人名義・事業所名義)所有しているのだけどネット、メール、SNSか無料電話のみの使用です。
その割に毎月のスマホの請求額を見てみるとナンダカンダで結構な額になっています。

SIMフリースマホの検討する時期にきたのかも、、、、、、




SIMフリー5インチのビジネス向けWindows 10スマホ「BREEZ X5」

株式会社コヴィア社がWindows 10 Mobileを搭載したSIMロックフリーの5型スマートフォン「BREEZ X5」を4月下旬に発売予定。
公式オンラインストア「FLEAZ Direct」での税別直販価格は24,800円(税込26,784円)になるそうです。
BREEZ X5は、5型HD液晶、Snapdragon 210(1GHz、クアッドコア)、1GBメモリー、8GBストレージ、2500mAhバッテリーなどを搭載するWindows 10 Mobileスマートフォンです。
www.fleaz-mobile.com



サイズ感はiphone6sPlusと&6sの中間くらい

f:id:hatayan1214:20160407121946p:plain
ネットワークはドコモ網での利用を前提に、LTEはバンド1/3/19、W-CDMAは1/6/19に対応。
IOTと呼ばれるドコモの相互接続試験をクリアしているのも大きな特徴だそうです。
SoCにSnapdragon 210 MSM8909(1.1GHz、4コア)を採用し、メモリ1GB、ストレージ8GBを実装する。液晶ディスプレイは5型で解像度はHD(720×1,280ドット)。パネルはIPS方式となる。
チップセットはSnapdragon 210「MSM8909」(1.0GHzのクアッドコア)、メモリは1GB。
メインカメラとして約800万画素、前面には約200万画素のインカメラを搭載する。
内蔵ストレージは8GBで、最大32GB対応のmicroSDHCスロットを搭載。
SIMロックフリー仕様で、microSIMに対応。LTEのBand1/3/19、W-CDMAではBand1/6/19をサポートする。Wi-FiIEEE802/11b/g/n準拠で、Bluetooth Smart Ready対応機器となっている。
バッテリー容量は2500mAhで、ユーザーによるバッテリー交換に対応。
本体色はブラックの1色のみ
本体サイズは約144.2×72.1×8.95mm、約148gです。
iPhone 6s Plus(158.2×77.9×7.3 mm、約192 g)とiPhone 6s (138.3×67.1×7.1 mm、約143 g)の丁度中間のサイズ・重量になりますね。




そもそもSIMフリーって何?

はたやんそもそもSIMフリーについて良くわかっていないまま、毎月スマホ使用量をDocomoさんとSoftbankさんにお支払いしていましたので、調べてみました。
SIMフリーiPhoneとはdocomoauSoftBank以外で比較的毎月料金が低コストな通信会社と契約を可能にしたり使用することできるものです。
現在iPhone6SのSIMフリー版を初めとして今回発売のコヴィア社「BREEZX X5」のように多くのSIMフリースマホが発売されています。
そんなSIMフリースマホを購入メリットがある方は以下の条件の人だとおもいます。

- 毎月の通話時間が短い

  • データ通信のみ使用(もしくいは稀に通話使用)
  • 家族で間で電話番号を必要な人は人数が少ない

はたやんの様に携帯電話の番号を使用した毎月の通話時間は60分以下の方や日常生活ではSNSの無料電話機能(LINEやMessengerの電話機能など)を頻繁に使用される方はSIMフリースマホ購入するべきです。
家族が4人など複数人いるが、iPhoneを使いたい家族1人のみで、他の家族はAndroidスマホでも良い。 そして、毎月の携帯料金を抑えたい場合はSIMフリーiPhone一択ですね。
ただし、ご家族全員(3~4人以上)がスマホ契約したい場合はSIMフリーiPhoneをオススメしません。
電話番号が必要な人が1〜2人と少数の場合はSIMフリースマホの選択肢はありです。
携帯料金を限りなく安くしたければ、iphoneの契約はあまり得策ではないようです。



SIM フリーがお得みたい!

今までならdocomoauSoftBankなどの大手3キャリアなどでしかスマートフォン本体とSIMカードは契約できませんでした。
しかし、SIMフリースマホSIMフリーiphoneも)なら他の会社とSIMカード契約ができます。
SIMフリースマホSIMフリーiPhoneも)本体を購入後、SIMカードのみを別のローコスト通信会社と契約し毎月の料金を抑えます。
料金を安くするにはスマートフォンSIMカードを別々に購入&契約するだけでいいんのです。

docomoau,SoftBankの基本料金と呼ばれるものはiPhone1台当たり大体6500円~8000円程度だったとおもいます。
SIMフリースマホSIMフリーiphoneも)他ローコスト通信会社契約して毎月の通話時間(090などを用いる場合)が60分以内なら通話料金自体は2500円程度で済みます。
繰り返しますがSIMフリーiPhoneSIMカードを組み合わせれば、docomoau,SoftBankで契約するより数千円も基本料金が安くなることもあるんです!!!


最後に

実際にSIMフリーiphoneや他SIMフリースマホを購入し、ローコスト通信会社をいろいろ試して良いマッチングを探してみます。
結果の投稿お待ち下さい。
相当毎月のコストが抑えられるはずです!


(つづく)





本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


おすすめ記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com