はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

消費税増税が及ぼす影響ー住宅価格ー

f:id:hatayan1214:20160331000828p:plain

本日は身近な税金「消費税」にまつわることについて語っていきたいと思います。


消費税増税と住宅購入

現在の消費税は8%、来年の4月には10%に引き上げられる予定です。
消費税は日々の暮らしに付きまとうので、懐事情にとても大きな障壁となります。
やはり家計への影響という所が一番気になるところでしょう。
少しでも負担を減らすために、増税前にやっておくことはあるのでしょうか?
高い買い物は早めにした方が良いのでしょうか?

今回は人生で一番高い買い物(であろう)、住宅の購入に焦点を当ててみたいと思います。(後日、住宅について賃貸が得か、購入が得かについて書いてみたいと思います。)

まず初めに抑えておきたいところは、不動産購入の際、消費税は建物だけに課税されるという点です。
そして、認識していただきたいのは、「購入するのであれば、消費税増税前が得である」と考えるのは早計ということです。

最終的な支払額は、消費税増税以外にも起因するため、増税後に購入した方が安かった」ということも十分にあり得ます。


需要と住宅販売価格の関係

支払額の増減にかかわる要因の一つとして挙げられるのが、「駆け込み」に伴う需要の変化です。
需要増により「売り手市場」になれば価格は上昇し、反対に需要減により「買い手市場」となれば、価格は下がりやすくなります。

実際、消費税が3%から5%へ引き上げられた97年には、増税前に駆け込み需要が発生しました。100万円単位で増える額を見てしまうと「増税前がチャンス」「今こそ買い時」と感じてしまいます。
不動産業者も増税直前に様々な広告を畳みかけてくるので、駆け込み需要に拍車がかかります。不動産業者にとってはビジネスチャンスですからね。
しかし、その分の需要減が大きく、供給戸数や価格は大きく下がりました。
つまり、増税前の購入によって、増税分の得をするはずが、それを帳消しにするどころか、お釣りがくるほど値下がりし、逆に高い買い物をしてしまった人が多かったという顛末でした。


最後に

今回の増税に伴う需要の変化ですが、前々回(3%→5%)に比べるとそこまで大きなものにはならないかなと感じております。
今回は、5%→8%,8%→10%と2段階のうちの2段階目であり、山が二つでしたのでそれぞれで分散されているのではないかと思います。
一つの事実から、思考を巡らせてみるというのも面白いですね。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。


Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村



関連する記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com


おすすめの記事
hatayan1214.hatenablog.com