読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

起業・フリーランスの方に効く会計のクスリ -個人事業と会社経営 2-

f:id:hatayan1214:20160328103900j:plain
前回、個人経営と会社経営の違いについてお伝えしました。
hatayan1214.hatenablog.com

個人経営の方は
個人=経営主体
仕組みがシンプルなので、わざわざ複雑な仕組みの会社経営にすることはないと思われがちですが、

しかし、、、、、

起業される多くの方は、会社経営を選択しています。

昔の会社法ででは株式会社設立のに資本金を1000万円が必要でしたが、
会社法改正後、その制限が撤廃されて、
資本金1円からでも株式会社が設立できるようになりまっしたよね。

この改正でより気軽に株式会社が設立可能になり起業の際に会社経営を選択するとうケースは広がってきております。


 

会社経営を選択する理由

さて、なぜ会社経営を選択される人が多いのでしょうか?
理由としては対外的信用力もありますが、
やはり一番大きいのはお金の部分でしょう。
大きく分けて以下の3つです。

  • 会社を使って所得(給料)の分散
  • 赤字の繰り越しが個人事業主に比べて長い
  • お金が借りやすい

個人・フリーランス・の方が銀行に融資を申し込んでも、
銀行がリスクを負って貸してくれることはほとんどありません。

保証協会等の公的機関の保証を受けて、銀行の融資受けるのが一般的です。

保証を受けるにあたって、個人経営の場合と会社経営の場合では、
連帯保証人の取り扱いに大きな違いがあります。


【会社経営の場合】
会社の代表者が連帯保証人となれる

【個人経営の場合】
事業経営の関係者になってもらう必要がある

大きな債務を負うことになる保証人にはなりたくありませんし頼みたくもありませんよね。

会社経営の場合、代表者の保証で済むので個人経営に比べて金融機関や公的機関からのお金を借りやすくなります。

会社経営のメリットは

  • 借入や出資等で資金が集めやすい。
  • 社会的信用がある。
  • 節税ができる等

です。



どちらを選ぶか?

将来は株式公開したい、資金を調達して事業規模を大きくしていきたい等々と考えている起業家の方は会社経営を選択すべきでしょう。

個人経営にはローコストで運営ができるというメリットがあります。

好きな仕事をして生活ができるぐらいに稼げればよい、
借入はせずに自分で準備できるお金の範囲で事業をする等と考えている起業家の方は個人経営を選択すべきでしょう。

最初はコストを抑え個人経営で事業が軌道に乗ったら会社経営に転換するといった方法もあります。

ご自身の今の事業と将来的なビジョンとを合わせて考えて事業形態を選択してみましょう。


本日の最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

関連する記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

オススメの記事
hatayan1214.hatenablog.com