はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

生活に月のサイクルを取り入れてみる 下弦の月に向かう浄化のタイミング

f:id:hatayan1214:20160325002442j:plain

月は新月から始まり、満ちて上弦の月、満月となり、そして欠けて下弦の月新月へと戻ります。


昨日、天秤座の満月の日でしたね。
 
満月は良く達成、成就のタイミングと言われていますね。

皆さんはどんな事を成就できたのでしょうか?

また、満月からインスパイアーされたことは何かありましたか?


ちなみに

はたやんがインスパイヤーされたのは、

「自分へのあきらめを手放して、創造性を取り戻す。」

でした。



⭐︎⭐︎⭐︎
月の周期は29.5日で、月の満ち欠けは人の無意識の領域や健康状態にも影響を与えます。


月のリズムを暮らしにに取り入れることは極自然なことだと思います。



最近では月の満ち欠けを記載してカレンダーや手帳がありますよね。



月のリズムは大きく分けて4つ。

  • 「満月」
  • 「欠けゆく月(下弦)」

ですよね。



昨晩、満月を迎え、これから月が欠け下弦の月に向かっています。
(はたやんはこの「下弦の月」が儚くてすきです。)


下弦の月は放出・洗浄のときと言われていて浄化や解毒の作用が高まる時期です。

新月に近付くほど、浄化作用は強まります。


断捨離、人間ドック、治療、湯治、部屋の掃除や洗濯をするのには良い期間です。

昨日の満月で見直し気づき手放したものを、さらに引き続き手放し放出していくには、欠けゆく月のこれからの期間はとても最適だといわれています。



最後まで読んで頂きありがとうございます。

応援して頂けるとうれしいです!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連するBlog記事

hatayan1214.hatenablog.com