読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

ベジライフ ベジタリアンになってみた ⑥ バシャールのメッセージ

2015年8月21日に緊急手術をし12月セドナ在住20年の日本人ガイド兼アーティストのNanaさんとの出会いから、ライフスタイルが菜食主義に代わり4ヶ月近くが経とうとしています。

実際3ヶ月位で肌の状態が良くなり、悩まされていた肩こりからの頭痛も最近では見違えるほど楽になってきています。



以前の投稿で

※食肉について(ベジライフ編 ベジタリアンになってみた①
※乳製品について(ベジライフ編 ベジタリアンになってみた②
※健康、病気について(ベジライフ編 ベジタリアンになってみた③
※地球環境について1(ベジライフ編 ベジタリアンになってみた④
※ 地球環境について2(ベジライフ編 ベジタリアンになってみた⑤)


セドナNanaさんから教えて頂いた、
ほとんどの人が誤解している事実についてお伝えしました。


今回はバシャールからのメッセージを投稿します。

NanaのBlogはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【毎日がミラクル】ナナママ誕生日|毎日がミラクル☆セドナ❤️奇跡の大地から:ガイアの愛をあなたに☆



⭐︎⭐︎⭐︎
バシャールのメッセージ
「自分に無理にやらせる事はありません。あなたの波動が上がるにつれてあまり肉を食べたいと思わなくなるでしょう。
というのは、肉というのは、密度の濃い波動を持った、ある意味、重く感じさせるものだからです。


体の中の毒素は、波動の磁石のように働きます。
ですから、その低い波動に合った食べ物を食べたくなるのです。


低い波動と言いましたが、それは動物が下等だという事を言っているのではありません。


単に、波動の密度として濃い、重たい物だという事を言っているだけです。
ともかく、
あなたの体のシステムの中に毒素が少なくなってくると、あまり肉を食べなくなってきます。


「(バシャールのいる星エササニでは)ある動物が別の動物を殺すことなど、ありません。

感受性が鋭く、動物とコミュニケートすることができる人は動物を食べたいという気持ちはなくなるので、いますぐ肉食をやめることができます。」


⭐︎⭐︎⭐︎
はたやん、ベジタリアンになってから他の生活のスタイルもかわってきました。

断捨離をはじめ、ファッションに関する考え方など、よりシンプルな生活に移行しています。

以前までは突然おそってくる不安感、焦りやイラダチのような感情に襲われることが多々ありましたが、

最近はとても穏やかな時間を過ごしていて、望んでいた心の平安を得られるようになりました。



ベジタリアンは確かに日本では”変わり者”のように思われがちですが、

旅をしてみていつも感じることは、

世界ではベジタリアンは当たり前のライフスタイルであるということです。

アメリカでは14%、イギリスや台湾では人口の約10%程がベジタリアンだそうです。

インドは60%もの人がベジタリアンなんです。

外国の多くのレストランではベジタリアンメニューを用意しています。

日本でも「ベジタリアン」というライフスタイルを気軽に取り入れてもいいような気がします。





本日のはたやんの昼食。

玄米とゴマ。納豆。きゅうり、大根、人参のお新香。わかめのお味噌。
汁。キャベツ、人参、チンゲン菜、ジャガイモ、玉ねぎの蒸し物。スリランカハーブティー



本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村



おすすめのBlog記事

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com