読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

100年に1度の経済危機 ”リーマンショック”とは

この間、TVで池上彰さんがリーマンショックについて説明されていました。

とても分かりやすく大変勉強になりました。

はたやんにとっても、大きな影響を受けたリーマンショックについて投稿します。



発端は2008年9月、アメリカのリーマンブラザーズという超大手証券会社の破たんでした。
それからとんでもない歴史に残る世界経済危機がおきます。



原因は、
リーマンブラザーズをはじめ様々な金融機関が販売していたサブプライムローンでした。
サブプライムローン=住宅ローン)




サブプライムローン

日本の住宅ローンは経済的な信用力のある人しか組め事ができません。
フリーターやアルバイトでは、日本ではまず住宅ローンは組む事ができません。


それに対して


アメリカのサブプライムローンは、

経済的な信用力が低い人達に向けて発売された住宅ローンで、その変わり高金利で、返済が出来ない人の分を少数とみなし、そん他大多数の人達からの高金利の返済で利益があげる仕組みです。


当初アメリカの土地や家の値段が上昇中で且つ広大な土地を持ちアメリカです。
日本と異なり土地よりは建物そのものに良い価値がつく傾向があります。
だから返済が滞っても家を売却して補填することが出来ると考えたのです。


当初は高金利サブプライムローンは莫大な収益を産み出しました。
低所所得者層のいたるところまで家がサブプライムローンを使い売れていきます。
当時はまだ景気も良く返済の回収率も高かったので問題にはなりませんでした。





債権(サブプライムローン)の証券化

それに目を付けた外資系金融機関、投資銀行エリート達はサブプライムローン証券化して、
企業や個人投資家に売ることを初めます。


低所得者向け住宅ローンですので当然返済が滞るリスクが高いです。
彼らはそのリスクは、信用力の高い人達に向けの普通の住宅ローンとセット
にすることでカバーする事にしました。


さらに彼らの暴挙はエスカレートし
他の様々な信用力の高いローンとも混ぜてリスク分散し証券を販売するようになっていきます。


投資銀行のエリート達の机上でどんどん証券化されていきました。


世界中の銀行や機関投資家が広く購入していくことになりました。


景気が良い間は、返済が滞らず、土地や家の値段が上がり続けている為、
仮に返済が滞っても家に価値があるので問題が無かったのですが、

しかし、

景気がだんだんと悪化し土地と家の値段も下がり始めました途端、

当然、アルバイトやパートの人達、低所得者層が職を失い始め返済が滞るようになっていきます、。

家の売却をしようにも景気悪化に伴い買い手が付かず投売り価格で販売することになります。



サブプライムローンの貸し手である金融機関は大赤字に転落しました。
ここでアメリカ中で全土で起こります。


最悪だったのが、サブプライムローンは複雑に色々な金融商品と混ぜて証券化されていたため、どの金融商品に大赤字のサブプライムローンが含まれているのか、
把握できなかったのです。





金融機関、投資銀行の倒産

投資家たちはこぞって金融商品を投げ売った結果市場は大パニックになります。
そうですよね、サブプライムローンが自分おどの証券に組み込まれているか販売先の金融機関ですらわからないのですから、、、、
あやしいと思う金融商品も問題なさそうなものもまでどんどん投げ売られ、


金融機関や投資銀行の経営は急激に大きく経営悪化が進み、金融機関の倒産がはじまりました。


とうとう
ベアースターンズというアメリカの巨大企業が経営破たんしましたが影響があまりにも大きいとアメリカ政府が判断したた救済が入り倒産を免れました。

しかし

今度は
リーマンブラザーズの経営破たんです。

当時、証券会社でも最大手でした。

倒産すると経済への影響がとても大きいため、
皆、当初は政府の救済されるとの大方の予想でしたが、結果救済処置はありませんでした。


働いていた大勢の人は職を失い、
リーマンブラザーズが発行していた株券、金融商品は紙くずとなりました。


市場は信用不安に陥り大パニック、株価は大暴落し、

各社取引先の倒産による不良債権が増加、
(はたやんの働いていた会社も外資系金融の日本法人だったので不良債権問題は当時ほんとに深刻でした。)

会社はコストコトロールの為、
従業員を解雇。
世間にリストラの嵐が吹き荒れます。

連鎖的に300行以上のアメリカの投資銀行地方銀行は倒産していき、
それに連鎖して融資を受けていた多くの企業倒産を免れなくなりました。

これが100年に1度の経済危機リーマンショックの概要です。

もう一度リーマンショックの様な事が起きないとも言えません。

この機会にリーマンショックについて余り良く分からない方はご参考にしてみて下さい。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


オススメのBlog記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com