はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

誰もが素晴らしい価値をもっている。

はたやん12年前いつも心の中で、
「僕は能力もない、容姿も不細工、お金も無し、引きこもりの僕に人脈なんてあろうはずが無い、起業なんて絶対無理だ、、、でも」
とつぶやいていました。


はたやんに起業の相談くる方にも似たような事おっしゃる方が少なからずいらっしゃいます。


そして、


事業って圧倒的な差別化できる能力、資金、人脈は絶対的に必要不可欠かと言うと、
必ずしもそうでは無いと伝えています。



私たち一人一人には、そんなありきたりな価値なんて物以上の、
ほんとに素晴らしいギフト、
キラキラ輝くダイヤモンドの原石があると思います。



はたやん精神的引きこもりでダメサラリーマンだったのは12年前でした。


ほんとにごくごく平凡(実際は無職の引きこもりで平凡以下でした。💦)に生きる人間でした。


ほんとに平凡に生きる僕だからこそ出来る事が何かないだろうか、と、あきらめず真剣に考えることだけはしていました。


自分に素晴らしいギフトがあるのに、
一歩踏み出さ無いで諦めてしまう事だけは本当にしないで欲しいのです。


はたやんは、
資金、人脈、カリスマ、スキル、知識や基盤も何にもなく、
お恥ずかしい話、、、、、
会社の中では底を攫って生きるお荷物社員のレベルだったはずです。

間違いなくエリートやエグゼクティブでは無いのは胸をはって言う事ができます。笑


そんな私が無謀にも会社員でありながら、
社会通念上の常識に反する、
サラリーマン事業家を5年前にスタートしました。


あまりにも過酷な毎日でした。
しなくて良い苦労もたくさんしました。
燃えるような情熱だけで突っ走っただけです。


今は多くの無駄や失敗経験を糧に自由人になる為のメソッドを提供したい考えています。


はたやんは、事業家としてはとんでもなく平凡以下で、ほんとにほんとにダメサラリーマンがスタートだったのです。


でも「仕事がバリバリできる人」だけが事業創出や起業家に縁があるわけでは無いのです。


「自分は資格もない、専門家でもない、人に価値を提供できるような人間ではない」などと絶対に絶対に諦めないでください。


それは大きな勘違いなんですから。


そして、


「今よりも毎日が充実していて、情熱をもてるような仕事をしたい」

「現状を変えたい」


という思いをもって生きることがほんとに大切なんです。


これまで情熱をもって取り組んできた趣味や習い事はありませんか??


あなたの情熱はエネルギーなんです。


あなたのそのエネルギーを必要としている人は世の中で必ずいる筈なんです。


お金はエネルギー交換です。


様々な分野、世界中であなたの知識や経験を求めている人は存在します。


あなたのそのエネルギーにお金を払ってくれる人がいるということです。


難関資格を持ってないと、人にエネルギーを渡せない。とか
何十年ものキャリア、専門知識が必要だ。とか


そんな妄想はとっと捨ててしましまって下さい。



伽藍を出てバザールへ行こう!



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

応援して頂けるとうれしいです!!
↓↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村