読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

Travel Lifeバリ島編 海に浮かぶ聖なるタナロット寺院

タナロット寺院(Pura Tanah Lot)

バリ六大寺院の一つ
別名「ロック・テンプル」という呼ばれる美しい寺院です。
タナは「大地」、ロットは「海」を意味し、バリ島の西側の海にあり各リゾートエリアからも簡単に行けます。


言い伝え

6世紀にジャワの高僧ダン・ヒャン・ニラルタという人がこの地を訪れて、ここが神々が降臨するにふさわしい場所と定め、村人に海の守護神を祀る寺院を建てるよう勧めたのが始まりだそうです。


夕陽のパワーが半端無く凄かったです。



満潮になると孤島のように海に浮かぶ寺院として有名です。




干潮時には陸続きとなり歩いて渡ることができます。




皆さん夕暮れ時の景色を楽しんでいます!
沈む夕陽に照らされるお寺の感じもほんとに好きです。




いよいよ日が暮れます。



海岸の洞窟には、寺院の守り神とされるクロ蛇の巣があり、お布施を払うと拝観することができます。
私のバリのエナジーポイントの1つです。




沈んでいく夕陽に魅せらます。
ほんとに大好きな場所です。
込み上がってくる感動と同時に浄化がすすみます。



夜はホテルでいつものやつで乾杯です。

バリの太陽、風、空気、人、あらゆるものが、
いつもはたやんを暖かく迎えてくれる気がします。
魂の故郷の一つです。


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

応援して頂けるとうれしいです!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連するBlog記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

お勧めのBlog記事