はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

書評編 書評してみました。:火星占星術講座(松村 潔著)

はたやんの本棚でお気に入りの一角です。
占星術の本が大好きです。



昨年ヒプノセラピーの勉強をしていて
催眠療法や潜在意識に関する本もよく読みます。



⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


火星 占星術 講座(松村 潔)

基本情報

===================
【書籍名】火星占星術講座
【著者名】松村潔
【出版社】技術評論社
【出版日】2015/1-/20
【頁 数】383
【目 次】
第1章: 火星論
第2章: 火星を鍛える
第3章: 火星のアスペクト
第4章: トランジットの火星
エピローグ


概略説明

===================
「火星エネルギーを使いこなして人生を元気にする」
著者は火星の力を発揮し、
活用することで、自分をコントロールでき、
常に沈着冷静さを保ち、
ネガティブな出来事に遭遇しにくくする事ができると説いていて、
火星は一個人より大きな世界へと人をいざなう星と述べています。

本書は10個の天体のうち火星に着目しています。
火星は一言で言えば戦力のようなもので、
人物像で言えば、
それぞれの人の内側にある、
スポーツマンないしはウォリアーをあわし、

地球の外、すなわち体からの外の大きな宇宙へと誘いう人間個体を超えた世界への旅の始まり意味するそうです。
火星は個人の範囲よりも大きな社会へと人を向かわせる性質を持っていて、
この火星が持っているより大きな所へのチャレンジと言うことを忘れてしまうと、
人生は次第に硬直し、弱気になり、
どんな新しいことも認めない保守的な方向へと停滞していき、
著者はそれをとても怖いことだと述べています。

本書は自分の火星をうまく発揮するために、
どのサインに位置し、
どのハウスにあるかを理解することで、
火星の力を鍛え、その人がその力を活用し、
いつでも冷静に、自分の意志をコントロールし、
同時に人生の推進力として生かすことが出来きるよう正しい使い方を、占星術の知識の無い人でも楽しみ理解することが出来る良書である。


本書を使ってみる(例:はたやん)

===================

火星を鍛える(Capter2)

火星のサインとハウスでわかること

[10ハウスの始まりがてんびん座で、ハウスの途中からさそり座になる、そこに火星がある場合](P191)


ヒトを扱う職業に向いています。
いろいろな人の考え方を理解することができ,
また教えることも得意だからです。
多彩な人を扱う中で、特定の少数の人とさらに深く関わることになります。
例えば、多くの人とビジネスで付き合いがある中、深く関わってきた人と特別な契約を結んだり、
限定会員にしたりというような二層的な扱いをするでしょう。
この場面で強い説得力や、関係を安定させることができる力を発揮します。



本書を読んでみて

===================
自分の火星の位置と他の星との関係を知ることで。
自分のメカニズムをしることができる。
生存するべき領域、鍛え伸ばす部分、注意すべきこと等が記載されていて、
人生の指針の一つとして役に立つと感じた。



その他

===================
このソフトでご自分のホロスコープを簡単にみる事ができます。
是非利用してみてください。

アストロディーンスト
http://www.astoro.com/horoscope/ja




火星占星術講座 ~火星エネルギーを使いこなして人生を元気にする~

火星占星術講座 ~火星エネルギーを使いこなして人生を元気にする~


一言

===================
初めての書評、不慣れにてお恥ずかしい点も沢山あったかと思いますが、
本日も最後まで読んで頂いてありがとうごいました。


【書評No.1火星占星術講座 松村潔】

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

おすすめの記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com