はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

ロサンゼルス編 ウォルト•ディズニー•コンサートホール

はたやん

第二の故郷と思えたセドナとソウルファミリーと思えるNanaさんと、
名残惜しい気持ちもありながら、
またこの偉大な大地に戻って来ようと決意しかの地を離れました、、、、、

さて、
セドナからの帰路も、
ロサンゼルス国際空港を経由しての旅路になるので

どうせならロサンゼルスに2泊してみるか!!

程度で旅程をつくりました。


でも、

実際よくわからない、




どうしよう。



ロサンゼルス、、、



TVやら雑誌やらインターネットやらで見聞きしている、



あの
世界都市ロサンゼルス!!

ビバリーヒルズ、
サンタモニカ、
ハリウッド、

おしゃれで開放的で高級感のあるイメージ、
夜は一人歩きがほんとに危険な地域が市街中心地のすぐそばにあるetc

もう、完全に情報に翻弄され気味のはたやん。




セドナから移動してロスに入ったのが夕方くらいだったので

その日はホテルで”旅の歩き方”を喰いいる様に見て翌日のスケジュールを決めることにしました。

とりあえず、

ウォルト・ディズニー・コンサートホールに行って、
サンタモニカに移動して海を見た後、
雑誌によく出ていたサード・ストリート・プロムナードで買い物して
夜は1年前にロスに語学留学できている友人と夕食する予定にしました。



翌朝、少し遅めの朝食をすませて
Uberでタクシー呼んでレッツゴー!!
本当にUberは安全で便利です。
大きな都市では使える可能性が高いので是非オススメです。



タクシーから降りるとガイド本で出ていた奇抜な物体が!!

おーこれがウォルト・ディズニー・コンサートホールか〜。
写真で見るよりも断然迫力あり!
まさに百聞は一見にしかず‼️






はたやん建築専攻ではないのだが、
建物物はなんとなく昔から好きで、

さらに輪をかけて
奥さんも、妹も義理の父、兄も建築士とあって、
なんとなく知っていたんだよね。

そう、
有名な建築家のフランク・ゲーリーさん建築だそうです。
海をテーマに波立つ感じとか、お魚とかイメージされて建築されたそうです。
僕にはなんとなく奇抜なオルゴール箱のようにも見えました。






まだ、横断歩道を歩くのもドキドキするはたやん。

とりあえず全体が撮影できるように向かいの道に横断する。







そこになんとなく親切そうーな白人のおじ様がいらっしゃったので、
「エクスきゅーずみー、写真撮って下さい!!」
と笑顔と日本語でおもいっきりお願いしたところ、

回答は"おふこーす"
快く承諾頂けたようです。
(少し神風特攻的なお願いの仕方であったことは否めないので、"コイツ危ないから早く済まして離れよう"と思ったのかもしれないが。。。)


はい!ここはポジティブにとらえて(^^)
笑顔と勢いは世界共通の言語です!!
気持ちよく撮影して頂けました。笑
(チョードキドキしました。)





とりあえず中に入ってみたら、
ほとんどだれもおらず、、、、
中は波状の壁とうねった天井に囲まれた面白い作りでした。







建築、音楽やデザイン関係のオシャレなグッズが置いてあるおしゃれな売店が入っていました。







目を見張るステンレススチールのパネルの前でパシャリ📸







裏側に回ってみると
これまた変わった造形美が突然出現!!
船の先端みたいでもあるし、
エベレストの山々のようにも見える。







無料ツアーがあるそうなので建築や音楽が好きな人は利用してみても良いかもしれませんね。

Walt Disney Concert Hall Tour
135 North Grand Ave.
Los Angeles, CA 90012
(213) 972-4399

ツアー情報
http://www.disneyhall.com/visit/tours.html

ツアースケジュール
http://www.disneyhall.com/visit/toursched.html

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


関連する記事
Travel Life編 旅のちょっとしたこだわり - はたやんの手帖

Travel Life編 ロサンゼルス編 ぶら歩き - はたやんの手帖