読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

なんとなく綴ってみました。

2015.8.21に緊急手術するまでは、
外資系企業の日本法人で働きながら事業もしていたんだよね。

二足のわらじ的な働き方、
生き方をしていて、
今思うとやっぱりクレージーだったと思う。笑

3年間は毎日睡眠時間平均2時間半位だった^_^;
勿論休みなんて無し‼️

どこか麻痺していて、
もっとやらなくちゃ!
何かしなくちゃ!
新しい事業を立ち上げなくちゃ!
成功したい!

もっと、、、もっと、、、
そんな風にいつも自分奮い立たせ、
叩いていたんだよね。
そうすれば、
誰にも侵されない、
自由になれる。って
自分で自分に言い聞かせてね。

起きるはずのない未来におびえ、
毎日不安と恐怖と隣り合わせ、
だから、
あせる。。。焦りつづける。


ある時から少しづつそんな生活に疑問を持ち始めてきたんだよね。
苦しくて苦しくて仕方が無かったんだよね。

人生が変わり初めたのは。
2014年9月位からかな。

本当の自分、
本当の人生の目的、
ってなんだろう。。。って、
自問自答する毎日が始まったんだよね。

それから、
多くの自由にイキイキ生きている人達に出会い、
お話を聞いて、

はたやんの中にも少しづつだけど、
なんとなく、
漠然とだけど、
光が見えて来たんだよね。

その時に湧きあがってきたキーワードは、
"体験"
"旅"
"自由"
"祈り”
でした。

大昔に誰かの都合で作り、
僕らに押し付けた、
"常識"って奴の中では、
変わり者のはたやんは、
いつも窮屈で苦しかったんだよね。

はたやん。学生時代、20代は変わり者で精神的な引き篭もり状態だったんだよね。

サラリーマンやってたけど、
毎日毎日、監獄に向かうみたいで、
苦しくて苦しくて、
仕方が無かった!

親の顔色を気にして、
社会に出て初めての務めた会社は、
親父が働く会社と似たような規模、業態の会社だった。
9年間キツかったーー。

それから2年間無職になっちゃって、

世界に憧れがあったので、
外資系企業に就職してみた。
10年間またサラリーマンやってたんだけど、
やっぱり、
変わり者のはたやんには会社員はシンドかったんだよね。。。
イヤ〜キツかったーー。

成果が出せないと、
リストラの剣がいつも背中に突き刺さる。
みたいな不安と隣合わせだったねーー。

ただ、その毎年毎年のリストラへの不安が、
はたやんを、常識から解放させてくれたんだ。

自由になりたいなら、
自分らしく生きたいなら、
それなりのリスクを払おう!
自分の誰にも侵されない王国を作ろう!


目覚めたんだよね。
5年前の2010年末だったね。


サラリーマン起業家を決意した瞬間でした。
5年間はガムシャラだった。


ただ2015.8.21に急性腸閉塞で緊急手術を体験し、
手術台で麻酔が効き始める2〜3秒の間、
死を意識し、
猛烈な後悔の念が浮かびあがってきたのを、
今でも鮮明に覚えてます。


目が覚めて、
生きてこの世に帰ってきたことに深く感謝しました。


その日以来、
私の中で新しいプログラムが起動し始めたんだ。

その新しいプログラムは
"自由に自分を生きる"
"旅するような人生を選択する"


退院後、
会社に直ぐに辞意を伝え、
自分の設立した会社も、
ビジネスパートナーと素晴らしいスタッフ達に業務執行権を渡して完全に執着を手放したんだよね。


今はゆっくり自分と向き合きあい、
第二の人生を歩み初めています。

これはあくまで、
はたやんの私見ね‼︎

焦って、
心を殺して、
嫌なことを選んで欲しくない。

特に若い人には、

自分にワクワクする体験、
新しい体験、
をして欲しい。

何をやりたいことが見つかってないなら、
世界で、
新興国で、
人の為に汗をかいてくることもオススメするかな〜。

常識なんて、
気にしない。
良識にしたがってね。

各人が産まれながらにもつ、
才能、役目、使命、ワクワクすること、
絶対あると思う。

だから、
行くしかないだろ‼️

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

応援して頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

関連するBLOG記事
hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com

hatayan1214.hatenablog.com