読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

「生剋比論」まとめ

運勢学

f:id:hatayan1214:20170319222813j:plain

「相生」「相剋」「比和」

相生・相剋・比和を総称して生剋比といいます。
五行の「相生」は、木生火・火生土・土生金・金生水・水生木と表わし、「相剋」は、木剋土、土剋水、水剋火、火剋金、金剋木と表します。相生は、五行の順列の規律を作るのに対して、相剋は、五行の順列の規律を破るものです。「比和」はその何れでもあり、何れでも無いです。「相生」は、木・火・土・金・水と呼ぶものが、順列の関係となり、「相剋」は一つ置きの関係となります。これを円形内に配してそれぞれを結ぶと「相生」は五角形を作り、「相剋」は五星形を作り出します。

「五行」と「生剋比」

五行は空間分類です。空間分類に生剋比論を導入すると、空間が規律を保つには木・火・土・金・水のように「相生」でなくてはならない事がわかります。規律を保つことによって、存続が可能になります。過去・現在・未来と存続出来ていることは、規律があるからで、その為の空間分類が相生関係となります。
木・火・土・金・水と五行が並ぶことと、各性の陽と陰を対にして組み合わせると、木性は甲乙、火性は丙丁、土性は戊己、金性は庚辛、水性は壬癸ですので、十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸と並ぶことになります。

「生剋比」関係

「相生」は「助けるような関係」、「相剋」は「やっつけるような関係」、「比和」は「友達のような関係」と言ったが、「相生」が良くて「相剋」が悪いとは必ずしも言い切れません。それは「相生」「相剋」の強弱の度合によって、善くも悪くもなるからであります。「相生」について言えば、生じる度合いが強ければ、生じられる方が圧迫を受けることになり、弱ければ頼られなくなり、中程度であれば本当に助けられることになります。「相剋」については、剋す度合いが強ければ傷つけたり、破壊したりすることになり、弱ければ撫でたり、触ったりする程度であり、中程度であれば鍛えたり、磨いたりすることになります。つまり、その強弱の度合いによって色々な結果が現れます。また、「比和」は同質のもの同士であるので、強弱の度合いはありません。

地球上の物質

地球上の物質は、「相生」「相剋」「比和」の三関係を保って存在します。極端に言えば三関係のうち一関係がなくなったり、または一関係だけになったりすると存続が危ぶまれることになります。その為、これら「相生」「相剋」「比和」の三関係は「在る」という事を実証するものです。
人間関係に当てはめて考えてみても、人間が二人以上複数で存在するとは、それぞれの間に「相生」「相剋」「比和」の三つの関係が出来て、助け合う状態(相生)、剋し合う状態(相剋)、友人的状態(比和)の三種となります。表面に出ている状態が「相生」のように見えていても「相剋」や「比和」の関係も存在しているものです。

人間関係

夫婦の間を考えてみても、助け合う事もあれば、喧嘩もする事もあり、恋人や友人同士のような事もあります。この三つの状態が、お互いの間に交錯して関係が成り立っているのです。人間関係ばかりでなく、街と街、国と国とでも「相生」「相剋」「比和」の関係が交錯して成り立っています。算命学では、物や人のような有形なものも、精神的な無形のものもこの三つの関係で成り立っていると考えます。

まとめ

現実面の発展・向上・衰退・消滅は相剋関係によってなされ、精神面の発達や淘汰は相生関係によってなされます。比和関係は「相生」「相剋」の何れでも無いのに、現実面と精神面の発達・発展や消滅・淘汰に加担したり阻害したりします。例えば、化学実験の時の触媒のようなものです。触媒は化学反応に加わらないのに反応を促進したり阻害したりします。つまり比和関係は、そのことによって、時には加担し、時には阻害します。
何れにしても無形・有形を問わず、存在するもの全ては「生剋比」の三関係を持つのであります。言葉を換えれば、「生剋比」は万物の存在を確かなものとします。万物は五行に分けられます。五行の全てが「生剋比」を持つのでありますから、存在するものは全て、「生剋比」を持つことになります。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com

オススメ記事

hatayan1214.hatenablog.com