はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

「十二支」の「未」の意義

f:id:hatayan1214:20170225084719p:plain
http://www.kabegamikan.com/p/i.php?url=www.kabegamikan.com%2Fimg%2Fna11%2F138980.jpg

未(ひつじ、み)は十二支のひとつです。
常十二支の中で第8番目に数えられます。
季節は「夏」で性質は「陰・土星」です。
未を含む干支は「辛未、癸未、乙未、丁未、己未」です。


目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎

未の意味

季節は夏の土用で7月を表します。

木の枝葉が繁茂する様を象形する文字です。

字の形から読み解くと、木に一が被さっている様を表していて、それは枝葉が繁茂しすぎている様を表します。

つまり、暗(眛)くなっている事を意味し、未を「眛(くらい)」とも読みます。

繁った枝葉を剪定して風通しを良くする。
不昧(ふまい)にする事。(明るくする)
の二つの意味です。

つまり、
枝・葉が増える事で、より暗中になる事を避けるべきであり物事の本質を見失わない様に注意してください。
枝葉末節な論議は避けるべきです。

『暗く・陰険な行動を慎み曖昧にせず公明正大に事を行うことが肝要である』
と読み解けます。


人事・ビジネスにおいて

勢いが盛んになるにつれて枝葉末節な事務が煩雑化し、組織全体の流動性も滞ってくるので、思い切って事務を簡素化・効率化すると共に、後ろめたい行動を慎んで、堂々と進めるべきことを示しています。


☞未のポイント

未は木の繁茂を示し事業の成功を表しています。他方、枝葉が茂りすぎて日射しと風通しが悪くなるので、末節の雑事を思い切って省き、本体に生き生きとした活力を取り戻すべきだと教えてくれています。


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com

オススメ記事

hatayan1214.hatenablog.com