はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

「十干」の「戊」の意義

f:id:hatayan1214:20170219150655p:plain
http://photo.martle.net/category/scenery/mountain/00001.html

戊(ぼ)は十干の5番目です。
性質は陽土性では「つちのえ」(土の兄)ともいいます。


目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


「戊」の意味

自然界で表すなら様々な生態系を内に抱える「山、山脈」を表します。
「遠見からは雄大で落ち着きある姿。近くで見ると従来からの力と様々な諸活動とが同居する様」を表します。
「雄大さと、繊細さを併せ持つ様」を意味します。


「戊」は「茂」に通じ、「益々、”陰・陽”が互いに繁りながら混在している」


戊は大きな刃がついた戈(ほこ)の形を表し、草冠(くさかんむり)をついた茂に通じ、「茂・繁茂する」という意味を持ちます。


「物事(組織・人事・個人)が繁栄するに従い、繁雑化し見通しが悪くなります。無駄を排除する必要がある」と読み解けます。


漢書*1」「律歴志」には、
「戊の時節、万物は、豊かに美しく栄え繁ります」(豊楙:ほうぼう)
と示しています。


五行大義」(論干支名)には、
「戊」は「貿(ぼう)」で、「変える」です。
この時節、万物の生長はピークに達します。
生長が極まると、それに対して従来の形様や状態を新しいもの変えます。(貿易)

と示しています。
https://www.amazon.co.jp/五行大義-中国古典新書-中村-璋八/dp/4896192680


人事・ビジネスいおいて

草木が繁茂するように、社会や組織が繁茂するに従って事務が煩雑化し、人事が停滞し風通しが悪くなるので、思い切って無駄を省き、効率をよくすべきことを示しています。


☞「戊」のポイント

「戊」は陽が「丁」よりもさらに盛になる一方、陰陽・新旧の対立が複雑になって旧来の勢力が衰退に向かうので、自体を思い切って整理し、簡素化して、活力を取り戻すべきことを表しています。

『禊(みそぎ)』「身を削ぎ、新しきが始まる」


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com


オススメ記事

hatayan1214.hatenablog.com

*1:漢書:中国後漢の章帝の時に班固、班昭らによって編纂された前漢のことを記した歴史書