はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

<干支・星読み> 2017年2月12日【庚午】【天恍星】<一新して創造的・発展的な新しいライフスタイル始める>

f:id:hatayan1214:20170208151126j:plain
<干支の力> 2017年2月12日【庚午】【天恍星】

本日の干支は「庚金午火」ですね。
陽金星と陽火星の強い「相剋」関係です。
強いエネルギーの激突を表します。


古い何かを「一新」したり「更新」する為には、強いエネルギーが発生する事を自然は示してくれています。
「体制と生活態度の一新」
「発展的・創造的・新しい生活に切り替える」
心理的・社会的抵抗に負けない」
「抵抗に対して感情的ならず冷静に対処する」




目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎



庚からの意味

庚は自然界で表すと鉱石・鉄鋼・刀・鋼石を表します。
鋼(はがね)のような強靭さを持ち行動は粗野な面と鋭利な面を持ちます。
鋼は道具・斧になって力を振るうときに樹木を倒し原野を耕地に変え、その樹木は生活に使われる事を表します。


『葛藤を断ち活路を開く』意味があります。


庚は、杵(きね)をとって臼ウ(うす)で穀物を搗く形を表しています。搗くには続けなければならず、続けて搗いていると穀物が変化するので、庚は更(こう)に通ずで、旧来の物を引き継ぎ、これを更(あらため)新しくする(更新)の意味が生れたとされています。
庚は草木が生長しきった後、自らを改めて、形を変えて、ふさふさとした実をを助ける様を表します。
また、償うの意味があり、固くて強いという意味もあります。

人事・ビジネスにおいて

枝葉末節が茂(戊:一昨日)って煩雑になりすぎたのを整理して、新しい秩序を立てた(己:昨日)のを受けて、さらに体制を簡素化し、沈滞を一掃して、空気を刷新していかなければならないことを示しています。

☞庚のポイント

庚は、これまでの流れを継承して、改革が行われている場合はそれをさらに推進します。もし、簡素化や効率化が進められていない場合には、思いきった枝葉末節の剪定をして、体制を更新していくべきだと教えてくれています。


最も大切なことは「体制と生活態度の一新」です。




午の意味

五月(新暦の六月)夏の中心で夏至の季節を表します。
草木が生長して長大になり、枝が入り込んで相逆らい、愛争っている様を表します。
また、午とういう字は、草木が繁茂の極みにあって陽気は充満しているものの、陰気がすでに下から陽気を突き上げ、陽気に逆らってまさに地表に出ようとしている様を象り、陽気に衰微の兆しが出始めていることを示しています。したがって、午は忤(さから)うで、逆らうとか、背くとか。、犯すという意味になります。

地表の下から陰気が突き上げる様を表す象形文字です。
「そむく」「さからう」


太陽の力がますます強くなり夏至を迎えたのちその力がだんだんと弱まって行く状態で「陽極まれし時陰」を表します。
つまり陽が陰にかわるタイミングとも読み解けます。


人事・ビジネスにおいて

発展的・創造的・新しい生活に切り替えたものの、これに反対する、従来からの色々な要素が下から突き上げてくるので、それに上手に対処すべきことを表しています。


☞午のポイント

午は、陽気がまだ充満しているものの、すでに陰気が生じ、陰陽二気がまさに激突する寸前の大変重要な状況をを表しています。冷静で真剣に自体に臨むべきことを示してくれています。


⭐︎

⭐️天恍星

「庚午」は算命学の十二大従星の「天恍星」という、「現状からの脱皮・脱却」「開拓」のエネルギーを持つ星を備えています。「天恍星」は別名「青少年の星」「夢・ロマン・冒険の星」「離郷の星」「夢多き星」「反抗の星」といわれます。

「青少年時代」を象徴するこの星は「いよいよ陽気が盛んになって草木が生い茂り、そのままにしておくと茂り過ぎて、訳が解らなくなり、紛糾してくるので、思い切って枝葉を剪定し、問題を整理して、新天地を開拓する段階」を表しています。

「才能を開花・発揮する為に、自分の本質を見つけ、真の価値基準の優先順位をつける事で、現状からの脱皮、脱却を図ることができる」と読み読みとけます。

⭐️星のメッセージ(天恍星)

  • 思い切った問題の剪定(整理)。
  • 新しい新天地・新境地開拓の準備。
  • 目上の人への礼節。

⭐︎⭐︎⭐︎



☞庚午(かのえのうま・こうきんのうま)の意味

「庚」は、旧来のものを改めて新しくするを表します。一昨日の「戊辰」が枝葉が茂り過ぎて煩雑になったのを整理し昨日の「己巳」で新しい秩序たてを行ったのを受けて「庚」では更に体制を簡素化して、空気を一新していかなければならなりことを示しています。
もし、一昨日の「戊」や昨日の「己」の段階で、果敢な改革をしていない場合は、「庚」でいよいよ思い切った簡素化・効率化を断行して、活力を更新しなくてはなりません。特に「午」は忤(さからう)に通じます。「午」は、陰気が下から陽気を突き上げて、陽気に逆らってまさに地表に達しようとする様を表します。

したがって、一昨日の「戊辰」や昨日の「己巳」で新しい一歩を踏み出していれば、下からの突き上げや反対勢力の動きが強くても、従来通りの体制で発展的で創造的な活動を続けることができますが、それを怠っていると、本日の「庚午」に至って反対勢力・心理的抵抗・染み付いた怠惰な性情を抑えることができず、勢力が逆転して体制が変わる可能性があります。

本日「庚」には、まだ更新のチャンスが残されていますが、本日の「庚」に続く明日の「辛(しん)」・明後日の「壬(じん)」・「癸(き)」に至っては、改革の気運がいよいよ決定的になります。それだけに本日の「庚金午火」は因循姑息*1な状態を改心する絶好で最後のチャンスになると教えてくれています。



最後に

大胆な整理整頓を敢行する。心身ともに身軽にし、見通しを良くする。そして、古い習慣・慣れ合いから、根本を改めずに一時しのぎの間に合わせの方法を一新して、消極的な状態から思い切って脱却する。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学を使ってライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


4つの視点

  • 運命学・算命学・宗教歴史学・神学などの運勢学的視点
  • POP・NLP催眠療法・癒しの理論・各種加速学習などの心理学的視点
  • 自らの起業経験・企業コンサル経験・グローバル企業勤務経験などのビジネス的視点


”4つの視点”で”貴方だけのメカニズム・宿命に沿った未来のリデザインをします”
皆様のご連絡を心からお待ちしております。

ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com


*1:因循姑息:古い習慣・慣習にしたがって改めず、また一時しのぎに間に合わせのやり方をすること。また、消極的でぐずぐず迷っている様子