読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

「十二大従星」の「天庫星」の意義

天庫星

算命学の十二大従星*1「天庫星」は「お墓」・「入墓」・「墓守」・「生と死の循環」つまり古い生命体から新しい生命体へ進んで行くエネルギーの星を備えています。

「天庫星」は互いに関連性のない個々の事象をひとつひとつ、単独にどこまでも追求し、新しいものを生み出し、発見してく「凝り性の星」の意味もあります。
「ひとつの分野を深く掘り下げて、新しいものを生み出す環境に恵まれている」
と言えます。


「天庫星」の特徴

入墓

魂があの世に到着した時代(成仏した状態)

  • 天極星ー魂が空間を彷徨う(精神が不安定)
  • 天庫星ー魂が成仏する(精神が安定)

落ち着きがある

  • 腰が重い。

凝り性

  • 研究熱心。
  • 集中力がある。

腰を据える

  • 転職を繰り返すと伸びない。
  • 転勤が多い仕事には向かない。
  • 引っ越しが多いのも向かない。
  • 物事も、じっくりと腰を落ち着けて自分のペースで、取り組んでいくと実力を発揮できる。

頑な性情

  • 自分の主義・主張を貫こうとする。
  • 物事において、筋目を通そうとする。

「あの世で魂が成仏した時代」

  • 最も先祖との縁が深い時代

後継の星・長男の星

(先祖の残した気を受け継ぐ)
財産以外に、目に見えないその家の家訓や教えを引き継ぐ。

<長男に生まれた場合>

家の後を継ぐ役目がある。
役目を果たせば、本人の運勢も家運も伸びていく(安定する)→栄やすい

果たさなければ、家運は衰えていく様になる。(衰えていく程度はわからない)
事故死でも継いでいないことになる。

<次男以下に生まれた場合>

自分の代で家系を興し、その家系を自分の長男に継がせること、これが出来れば興した家系は安定する(栄える)。
※家運の伸びと本人の幸せは必ずしも一致しない。

<女性に生まれた場合>
  • 婿養子(本人から見て夫)もらい、その婿養子に実家を継がせることができる。但し、その婿養子に婿養子運があることが条件となる。
  • 長男の所へ嫁に行き、その夫に長男の役目を果たさせる。(家を継ぎたければ、天庫星の妻をもらうと良い)

このいずれでも家運は安定する。

「天貴星」

天庫星の見方に準じる。(皇太子殿下)

「継ぐ」とは

同じ家系の行き方をしている。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。
もちろん、大手外資系企業・コンサルティング経験・自ら起業家しての経験を活かしてビジネスのアドバイスもさせて頂いております。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com

オススメ記事

www.future-redesign.com

*1:十二大従星:「日干」という本人のカラーで「十二支」を染めたもので、その人の生涯を通じて循環する十二の段階のそれぞれにおいて、自らの素質と能力とエネルギーをどの程度発揮できる状況にいるのかを詳しくみるものです。