はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

「十二支」の「子」の意義

f:id:hatayan1214:20170218002102p:plain
冬の海 | 自然・風景 > 海の写真 | GANREF

子(ね、し)は十二支の中で第1番目に数えられます。
目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


子の意味

十一月(新暦の十二月)で節は冬の「冬至」を意味します。
一陽来福の分岐点で、「陰極まるところ陽」を表します。
陽を生み出す時であり「種子が中で新しい生命力が芽生え始める」ことです。


子の字は、小さい子供を象ったものと言われています。
一説では、「子供の髪がどんどん伸びる形」や「巫術(ふじゅつ)の時に神が巫女に乗り移る様」を表しているとも言われています。
髪が伸びることから、芽生えるとか、育むとか、茂とか、に通じています。


また、子は滋で、「増える」とか、「育つ」とか、「はびこる」という意味があり、新しい生命が創造されて、芽が種子の中で萌え始めること表しています。


「産み出す」「繁殖」「増える」と言った意味もあります。


また、子の方角は「知恵や学習」と「始まり」を意味することから、
「智と行動の一致」を表します。


子は十二支の首位にあり、「終わり」と「始まり」を意味し、「始末」をつける時であり、「陽気の到来と物事の増殖」「転換点」とも読み解けます。


人事・ビジネスにおいて

新しい問題が発生し、それが増幅していきます。そこで、ことにあたる人材を常日頃から確保しておくべきですが、子は「はびこる」で、ずる賢い、私利私欲に走る、おべっか使いが「はびこる」ことを意味しています。


☞「子」のポイント

子は、新芽が伸び始めるように、新鮮な、生命力・活力・未来・可能性に溢れています。それだけに諸問題が発生して、それに便乗する「一発屋」「ずるい輩」「弱みに巧みに付け入る輩」が「はびこり」巧みに近寄ってきます。自分の心が不安定である時こそ、心すべき事は「自分軸・自分の最高の価値基準」に従いそれらの輩を寄せつかない事です。


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。
もちろん、大手外資系企業・コンサルティング経験・自ら起業家しての経験を活かしてビジネスのアドバイスもさせて頂いております。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com