読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

「十二支」の「丑」の意義

f:id:hatayan1214:20170218150740p:plain
http://photohito.com/photo/4161336/

丑(うし、ちゅう)は「十二支」のひとつです。
十二支の中で第2番目に数えられます。
土星で冬と春の季節を繋げる役目をします。


目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


丑の意味

母体内で胎児が産まれ出る時に右手を伸ばした象形文字で、曲がっていた手を産まれたての赤子が初めて伸ばして指先にまで力が宿り強く物を取る。
「始まる」「掴む」「握る」
を意味します。

「丑」は曲がる腕・芽が曲がりつつ伸びるのを待つ。を意味します。
「乙」と同じ様に、「新しい芽が伸び悩み・悩んでいる形」とも表せます。
屈曲がした腕や芽が伸びようとしている姿。とも言えます。


北から東へ行くと牽牛星に到達します。
牽牛の意味は、陽気が万物を牽引して出すことです。(史記:律書)


また、
・丑は「紐」
・紐は「束ねる・結なり」
・紐は「繋(けい)」

を表します。

万物が芽吹いて、どんどん分裂して行く細胞を繋ぎ合わせ、結合させながら生長して行くことです。(五行大義)

「繋ぐ・束ねる・統率する・結ぶ」
の意味もあります。

つまり、
組織であれ生命体・組織体の様々な要素を結び合わせ統合させ、結束させる。
と読み解けます。


また、個人で言えば、

  • 「経験を棚卸して纏める」
  • 「幾つかの才能を統合する」
  • 「チームを創り一致団結する」

とも読み解けます。


ビジネス・人事において

これまでに裏に隠れていた動きや、「亥」や「子」にその種子ができた問題が、「丑」になっていよいよ表面化したり、あるいは活発的に動き始めたりします。丑は、人を結束してこれらの新しい動きを善導するべきことを示してくれています。


丑のポイント

丑は、物事が動き始めたものの、いろいろ問題が起こるので、それを創造的な方向に発展させるよう、力を合わせて努力する時だと教えてくれています。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。
もちろん、大手外資系企業・コンサルティング経験・自ら起業家しての経験を活かしてビジネスのアドバイスもさせて頂いております。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com


オススメ記事

hatayan1214.hatenablog.com