読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

『人生に役立つ・今日の空間からの教え』毎日更新<日干支読み>2017年3年21日【丁未】【天南星】

<日干支読み>2017年3年21日【丁未】【天南星】
f:id:hatayan1214:20170321100408p:plain
http://www.shikoku-np.co.jp/national/%5Clife_topic/photo.aspx?id=20150823000512&no=1



今日の干支は丁火未土ですね。
「丁」は自然界では「灯」「光」「月」で、
「未」は「田園」「畑」で、季節は「晩夏」です。



本日の干支の画像イメージは、
「京都の夏の情景・化野念仏寺での千灯供養」です。
心静かに、祈りを捧げる時間を持つことは、私たちの心とエネルギーにバランスをもたらしてくれます。


☞本日の「空間」からのメッセージです。

本日のテーマは「剪定」です。もしあなたが、多くのインプット・体験を通して、消化不良になっているとした、それらを思い切って取り外し、一度脇に置いてみる事をお勧めします。自分の心に余裕を取り戻すことは、心の風通しを良くし、良い運を呼び込む事に繋がります。その上で、自分の本質に立ち返り、出きる事から、シンプルに初めてみては如何でしょうか?その一歩が、あなたの志への道に繋がります。そして、本日は、ちょっと注意が必要な日でもあります。商売の世界では、昔から「未を、またぐ時は気をつけろ!」と言われています。「未」には「どちらに転ぶか、わかない」という意味を持っているからです。人生の大勝負、大きな額の投資は本日は避ける事をお勧めします。運勢は連続性です。攻める時もあれば、守る時もある、心と思考の「剪定」をして、日当たりと、風通しを良くして、身の丈のシンプルな一歩を踏み出すことが、明日の未来をより良いものにすると、今日の「空間」が教えてくれています。本日も私のブログを読んでいただきましてありがとうございます。


目 次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


☞「丁未」の意義

「丁未」は昨日の「丙午」と共に繁栄の中の内憂外患の状況を表します。つまり、「丙」に続いて、在来勢力は依然繁栄を誇っていますが、繁栄に伴う事務の煩雑化や、人事の停滞で、内部の風通しが悪くなっています。そこへ反対勢力がいよいよ力をつけてきて、陰陽・新旧の衝突点に近づいている状態にあるので、ここで思い切って枝葉末節の事柄を整理して、日光の通りを良くし、活力を維持せねばならない、というのが「丁未」です。
「丁」「未」も、上部の枝葉の繁茂を表し、「未」は昧(くらい)で、葉が茂りすぎ、日の通りが悪くなって、内部がくらい様を意味します。また「丁」は、新勢力が既存の勢力を下から築き上げて衝突する形を表しています。そこで、茂りすぎた枝葉を剪定して風通しをよくし、活力を強めて下から突き上げに有効に対処することが必要になります。特に「丁」は、繁茂・繁栄の極みに達して、やがて陽気に翳りが出始めるのも近い状態を表しますから、本日を、いい加減に過ごすと、次の「戊申」に入って、相剋・相反がますます激しくなることを意味しています。

☞「丁未」の重要ポイント

「未」には重要な意味があります。ちょうど一年の半分にあたる7月が「未」月であることから「未越え」(ひつじ声)という呼ばれます。「未だ」(いまだ)と読むところから「まだなのか、超えているのか」わからない状態を指しいます。「未」(ひつじ)という漢字から「未満」も意味し、なかなか微妙で曖昧な状態を意味します。「未をまたぐ時は気をつけろ」と、昔から言われた商売の鉄則があります。「丁」の景気上昇の運気はあっても、「未」(ひつじ)がどちらに転ぶかわからない危うさがあるので、いくら景気が良くても企業は行き過ぎた「攻めの姿勢」、過剰な「投資」はする時ではないです。なので、本日は、投資については慎重にすることは勿論、大きな投資は控えた方が良いです。そこそこ儲けたところで引き上げるべきです。明日の「戊申」は、景気を大きく左右する災害や、思わぬ出来事を起きることを暗示しています。


☞「天南星」からのメッセージ

「丁未」は算命学の十二大従星の「天南星」という、「大きな夢と精神の高貴性」「振るい立って新しい状況を切り開く」エネルギーを持つ星を備えています。
「天南星」は別名「青年の星」といわれます。

天南星は十二支では「辰」にあたります。
「辰」は「振・伸・震」に通じ、
「凄まじく奮い立って、古い姿から抜け出す」(五行大義)
「陰陽の気が得を合わせて、辰の時節には万物を麗しく、格好良く振るい立たせる(振美)」(漢書)

「崖の下で働く人を表し、壁に突き当たり状況が今一つ安定しない中で、抵抗や妨害を克服し、新しい情勢を切り開く為に力強く進む」
の意味があります。

活力に満ちた青年が、大きな夢と精神性の高貴性を持って(凄まじく奮いたつ)時、人間としての内面的な自覚が深まり、家庭や社会や環境など、様々な下界の現実との矛盾に悩み、時には失望し、時には怒りに燃えます。
この星は「壁に突き当たって、悩み、怒り、振るい立って新しい状況を切り開く姿」を表しています。

この星からのポイント(天南星)

  • 「大きな夢」と「崇高なビジョン」を描く。
  • 「奮い立ち、新しい状況を切り開く」
  • 「諦めない心」を意識する。

⭐︎


本日の干支に関連する記事

www.future-redesign.com
www.future-redesign.com




本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。



ブログランキング

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村

パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学・心理学を駆使してライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。

皆様のご連絡を心からお待ちしております。
ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com

オススメ記事

hatayan1214.hatenablog.com