はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

<干支・星読み>2017年2月11月【己巳】【天将星】「更に新しい一歩を踏み出す」

  • f:id:hatayan1214:20170211120638j:plain

<干支・星の力>を読む。2017年2月11月【己巳】【天将星】

本日は己土巳火は初夏の田園風景を表します。
剪定を終えて、初夏に一斉に緑が芽吹く風景です。

「己」も「巳」も更に新しい一歩を踏み出すことを意味しています。
何を終わらせ、何を残し、新たに何を始めるか。
考えてみてはいかがでしょうか?

干支が自分の人生の高い価値基準を明確にする刻と教えてくれています。
それが人生の指針となり規律ある習慣が生まれます。



目次
⭐︎⭐︎⭐︎

⭐︎⭐︎⭐︎


己の意味

己(土の弟:つちのと)(己土:きど)は陰土星で引力本能を備えます。
自然界では「田園・平地・農地」で五穀豊穣を意味します。

「干支五行説」の解釈では「己は梢の新芽が抑説しながら茂みから更に伸び起こる形を表す。したがって、己は「起」の源字です」と説いています。

つまり、
己は「紀」に通じ、物事をはっきり通すことを言います。


己の三本線は”糸”を表し、二本の縦線は、絡まった糸筋を分けて糸の乱れを正す形を表します。
つまり、「絡まった糸のもつれを伸ばして、紀律を正すこと」意味します。
己には、糸を操りとる器とする説や、かがまってもつれた糸の端とする説もあります。

人事・ビジネスにおいて

昨日の「戊」で枝葉の事柄が煩雑になりすぎて活力が衰えるのを防ぐべく、思い切った剪定をおこなったのを受けて、自らも筋道を通して、物事を秩序立てることを意味します。


己のポイント

己は、紀律を正すことを表わし、昨日の「戊」で行った果断な裁断をうけて、筋道を立てて物事を秩序立てるべき時と教えてくれています。



巳の意味

巳(し)は四月(新暦の五月)を表します。陰気を含まない純粋な中で、草木が今や繁茂の極みに達して、成長が已(すで)に止まったことを意味します。また、巳(み)の字は、冬眠から目覚めた蛇が地表にはいだす形を表していて、寒い冬の間の地中での生活を終えて、春の新しい生活を地上で始めることを表しています。巳は起(き)に通じて、万物が一旦終って、また新しく始まるといいう意味があります。


「陽気が已(すでに)出て陰気が已(すでに)に隠れて万物が現れる」
「陽氣は子(ね)に生じまた巳で終わる」
つまり「巳(すでに)」は「止む(やむ)」で万物が繁盛の極に到達した様であり「物事が一度集結」させた上で「新たに出発する」べきだとを教えてくれています。


「終わらせる。そして、始める」
「従来の慣習・思考・ライフスタイルに終わりを告げる」


また後漢の『白虎通義』には「巳は物必ず起こるなり」と書かれています。
これまで伏在していた色々な問題、人物等が次々と表面に出てきて活動し始める様です。

kotobank.jp

リーダーシップの視点では「衆の中で孤高を保ち、前進し衆の目標となる」という意味もあります。
つまり、周囲の人を導く灯火のような存在になるべきだと示しています。

人事・ビジネスでは

昨日の辰(新)で改革に伴う障害が発生し、さらに巳に至ってこれまで隠れていた諸問題が表面化してくるので、従来の慣習の下でのだらだらした生活から抜け出して、生成・発展への新しい歩みを始めるべきと示して言います。

巳のポイント

巳は、冬眠から終えた蛇が地上に出て新しい生活を始めるように、従来のの因習に染まった生活から抜け出し、春の陽気を受けて、新しい創造的な活動を始めるべきだと教えてくれています。
⭐︎



己巳の意味

「戊」で枝葉はが茂り過ぎて物事が煩雑になったので、活力が衰えるのを防ぐために思い切った剪定をしましたが、「己」はその後を受けて剪定した後に残った大小の枝を整理し秩序立てて、木の形を整えることを意味します。つまり、昨日の「戊」で行なった果断な裁断を受け、筋道立てて物事を秩序立てるのが「己(き)」です。

「巳(し)」も、寒い冬の間の地中での生活を終えて、春の新しい生活を地上で始めることを表し、物事が一旦終わってまた新しく始まることを意味します。

したがって「己巳(きし)」は、これまでの慣習の下での安易な生活から抜け出して綱紀を厳粛し、規律を正して生成・発展への新しい活動を始めるべきこと教えています。

「己」は繁茂した中からさらに梢の先の新芽が伸び出す形を表しているとしています。
「己」も「巳」も、さらに新しい一歩を踏み出すことを意味しています。



⭐️天将星

”丙午”は算命学の十二大従星の”天将星”という、「極み」「極まる」「陽の発展・発揚・顕示」の極まるエネルギーを持つ星を備えています。「天将星」は別名「皇帝の星」「破壊の星」「動乱の星」といわれます。何事においても長たる運命を所有している「皇帝の星」です。十二支で表せば「午(ご・うま)です。


三礼義宗」には「午」は”長なり、大なり、物みな生長して長大であることを顕示するなり”あります。

史記」「律書」では”十母(干)は”丙・丁”です。丙とは陽道が非常に強い(著明)ことをいい、丁とは万物が強く盛んで元気(丁壮)なことを言う”としています。

一方で、
漢書」「律暦志」には”午の発展、陰気が陽気に逆らって地を冒して出ようとし陰陽二気が相い争い(咢布がくふ)ます。”とあります。

「五行大義」にも”午が忤(ご・さからう)で、万物は盛大になり、枝が入り組んで相い争う”とあります。


「午」には「逆らう・背く・犯す」と言う意味があります。
この星は「陽の極に達した気(活力)であるが故に、すでに陰気に突き上げられて、自己矛盾の陥っている状態」を表します。

家庭生活であれ、仕事上であれ、人生のどこかにアンバランスを持っている時に、天将星は完全に燃焼できる。と見ることができます。それ故に自己の想念が現実性の中にあれば、常に精神性を渇望し追い求めるところがあります。現実的な発展(陽)の極点にある中で、常に陰気の気(精神性)の突き上げを意識せざるおえない状態を意味しています。

まさに王者・首長・創始者の気を持った星です。一見恵まれた状況に見えますが、頑固でわがままで、自己中心的な気で、人の愛情を感受すること無く、人の協力や助けの暖かみが分からないまま進む「孤独で寂しい気」も持ちあわせています。 


⭐️星からのメッセージ(天将星)

  • 献身的リーダーシップで伸張・拡大する。独善的な偏りに注意する。
  • 意固地にならずに、人の助け・応援を素直のに受け入れる。
  • 孤独で寂しい気持ちを抱きしめる。そして感謝の光に変える。

⭐︎



最後に

今日の「己巳」は、これまでの慣れ親しんだパターン・習慣・生活・ライフスタイルから抜け出して、自分の高い価値基準やミッションを再設定し、それに即した人生に踏み出しライフワークのスタート・新しいサイクル・新しい活動を始めるべき時だと教えてくれています。重要な事は本当に最高に生きた時の自分の高い価値基準を明確にすることです。それが人生の指針・紀律を作ることを意味し、望む未来に連れて行ってくれます。

本日は「陽が極まり陰が下から突き上げる」気を備えています。今起きている、感じている「試練」「葛藤」「寂しさ」「孤独」は、更に新しい未来に進む為の「支援」だと捉えてください。その様に見て感じ抱きしめてください。決してネガティブな感情・事象を排除しようとしないでください。自然界は「支援」と「試練」は必ず「一対」で存在します。それを受け入れた時に本来「天将星」が持ち合わせる「生成・発展・天下の力」を受けることができます。

さらに新しい一歩を踏み出す刻です。



本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

Blogランキングに参加しています応援して頂けると励みになります。
コチラをクリックして頂けると嬉しいです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村


パーソナルセッションのご案内

『パーソナルフューチャーリデザイン™』
「自分のメカニズムを知り受け入れ、未来をリデザインし、現実を動かす」をテーマに、運命学・算命学を使ってライフサイクルの流れ・リズムを読み解き、独自の才能と進むべき未来を特定します。


4つの視点

  • 運命学・算命学・宗教歴史学・神学などの運勢学的視点
  • POP・NLP催眠療法・癒しの理論・各種加速学習などの心理学的視点
  • 自らの起業経験・企業コンサル経験・グローバル企業勤務経験などのビジネス的視点


”4つの視点”で”貴方だけのメカニズム・宿命に沿った未来のリデザインをします”
皆様のご連絡を心からお待ちしております。

ライフサイクルコーチ 畠山景靖

<ご予約・お問合せはこちらです>

詳細はこちらでございます。
よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
hatayan1214.hatenablog.com