はたやんの手帖「運勢を稼働する」

【パーソナルフューチャーリデザイン™️】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、心地良い世界を創造する」

運勢学

「生剋比論」まとめ

「相生」「相剋」「比和」 相生・相剋・比和を総称して生剋比といいます。 五行の「相生」は、木生火・火生土・土生金・金生水・水生木と表わし、「相剋」は、木剋土、土剋水、水剋火、火剋金、金剋木と表します。相生は、五行の順列の規律を作るのに対して…

「生剋比」論【比和】について

宇宙の気と地上の気を分類して「五行」が成立しました。 さらに陰陽論を導入して「十干」が成立しました。

「生剋比」論【相剋】について

宇宙の気と地上の気を分類して「五行」が成立しました。 さらに陰陽論を導入して「十干」が成立しました。

「生剋比」論 【相生】について

宇宙の気と地上の気を分類して五行が成立し、さらに陰陽論を導入して十干が成立しました。

「十二支」と「陰陽論」

「十干」の成立

五行論に陰陽論を導入することによって十干が成立します。宇宙にある五行の気は、それぞれが陰陽の気を備えています。したがって合計で十種類の気となります。天を陽、地を陰とするため、天の五星は陽五星であり、地の五性は陰五性であります。天の五星は、…

「五行説」序論

十二支は木星の12年間の周期にヒントを得て地上の季節の分類から成立しました。自然の法則から得た数字なので、十二という数字が人間の生活リズムに合っていたのです。 この十二という数字は、様々な分野で広く世界中で用いられています。暦にして、東洋と西…

陰陽思想 ① 思想学の中心

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/17/Yin_yang.svg 一元二極法 世の中の事象に目を向けると、ある一つの法則が成り立っていることがわかります。それは、どんな物にでも必ず相対するものが存在するこということです。この相対するものがあ…

「道(宇宙)」と「陰陽」

ビッグバン - Wikipedia古代人達は自然の偉大な力を現代人よりもずっと身近に感じていました。自然の法則を知ることが、宇宙の創造活動いわば宇宙の創造主、造化(天地に間に存在する万物を創造する存在)あるいは「道(タオ)」の意志を知ることであり、そ…

老荘思想「道(タオ)」〜算命学の原点〜

算命占技は老子の教えを思想原理としています。算命占技は何よりも老子の哲学を充分に理解する必要があり、老子の教えは算命学の根のようなものです。老子は戦国時代に活躍した「道家」(道教)の祖で「易」の理論体系を作った「孔子」が、「老子」に「礼」…

暦(干支暦)について

四千年前の古代人の方々は宇宙との法則を知れば、宿命と運命を解き明かす手掛りになると考えて大自然(宇宙)について考察しました。 そして、大自然が「時間」と「空間」から成り立っていることに気づきました。 「時間」について調べ分類したものが「十二…

十二支とは?(発祥と成立)

人間は大自然の一部であり、宇宙の一員です。人間の宿命と運命も宇宙の法則で決定します。四千年前の古代人の方々は宇宙との法則を知れば、宿命と運命を解き明かす手掛りになるのと考えて大自然(宇宙)について考察しました。そして、大自然が「時間」と「…

宿命(メカニズム)と運命(ライフデザイン)

『宿命(メカニズム)は自分の意思で選べず変えることができない定まっているもの』 『運命(デザイン)は自分の意思で選べて変える事ができる定まっていないもの』

算命学と他占星術との違い

東洋占星術と西洋占星術 占星術は東洋占星術と、西洋占星術に大別することが出来ます。共に生年月日を基準として、暦を用いる所の発想は同じです。東洋占星術が「天と地の間に人間が存在する」と考え、天体と地上の変化を一体化して人間の生き様を見る事を主…

運命学・易学(算命学)の歴史

三千数百年前の中国古代王朝の時代の遺跡から、甲骨文字で書かれた六十花甲子表が出土しました。六十花甲子表は、六十干支表とも言われ、当時の中国において、暦に土台でした。すでにこの時代には暦術が確立していたことになります。六十花甲子表を用いた暦…

算命学の目的

算命学とは?(自然思想学と運勢学)

目次 ⭐︎⭐︎⭐︎ 自然思想 思想学 運勢学 算命学 算命学 Blogランキング パーソナルセッションのご案内 ⭐︎⭐︎⭐︎