読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたやんの手帖

【パーソナルフューチャリデザイン】「自分のメカニズムを知り、未来をリデザインし、現実を動かす」

『運』と『ひらめき』のパワーを味方にする『余計な活動の習慣化のすすめ』

”ひらめきの力”を発揮するには"3つの視点"が大切です。 そのアイディアは誰の為に役に立つのかを考える。 アイディアは情報の組み合わせであると考える。 書くことで情報を脳に刻みながら考える。

環境を変え・憧れの人・ロールモデルを見つけると人生が変わる。

環境変化 私の人生が大きく動き出したのは親の死でした。 それは私にとっての大きな環境の変化にあたります。 そしてそこから急激に変わっていきました。

ポジショニング・シフトのススメ『影響を受ける側』から『原因側』へ

環境のシフトする 環境を変え自分を成長できる場所に身を置きその環境に投資をするかで人生が変わります。 目先のお金よりも大切なことです。

この国の労働システムを正しく知り・受け入れ・未来をリデザインする。

会社員は国から収奪の対象となっています。 国が国民から平等に税金を徴収してそれを公平に再分配し、 社会保障制度が破綻の危機に瀕することがあっても、 国民の合意で受益と負担の割合を再調整すればよいでしょう。 それならば納得できます。

誰もが持っている”ひらめきのパワー”を生み出す”5つの力”

Googleのコメント 「15-20年後にはAI人工知能は感情を理解することが可能になるだろう、 だから、今のうちに人間は人工知能や機械に取って代わられることが無い、 クリエイティブな領域を見出していく必要がある。」

自分をビジネス化して近い将来に”仕事”と感じなくなる生き方へ

数年後に世界の大イベントであるオリンピックが開催される予定です。しかし、 社会全体に閉塞感のような暗く冷たい雲に覆われているような感覚を持ちます。 私たちが子供の頃に感じていた未来への希望・無邪気な明るさみたいなものは、 感じられない時代にな…

会社を辞めずに”自由”と”将来性”を手に入れる『第三の道』

「会社員は辞めたほうがいいかどうか?」最近この質問をよく頂きます。 その時私はこう答えるようにしています。 『脱サラして税金・社会保険費のコストを下げる事』と『会社員・サラリーマンとしての組織の一員としての一定の利益を得る事』のどちらを選ぶ…

絶対唱えてはいけない3大凶アファメーション

12年前から様々な研修やセミナーに参加して、 高級外車一台分買えるくらい投資してきました。未来への希望、 自分への期待を持つことができ、 とても素晴らしい学びの体験でした。 今でもセミナーリーダー、講師、皆様には本当に感謝しています。 3大凶アフ…

自分をビジネス化する『伝えるべきメッセージを発掘するたった3つの視点』

自分をビジネス化する『伝えるべきメッセージを発掘するたった5つの質問』を考えていただけたでしょうか? もしまだであれば良かったら目を通して頂けたら嬉しいです。 hatayan1214.hatenablog.com さてこの5つの質問を通して自分自身と向きあってみて、 自…

個人的経済的基盤について考えてみる。”個人の努力で良い方向に向かう事ができる たった一つの効果的なコト”

コントロール出来る事 私は、 容姿、体型、歯並び、育ち、等 様々なコンプレックスがあります。運動、音楽も才能なし、 芸術センスもほとんど無し、 知識社会で生き抜く為の飛び抜けた知能がある訳でもありません。そういった自分の人生のノリを、 なかなか…

”清心事達”(せいしんじたつ)に生きる。

人生の先輩・師匠より頂いた言葉です。"清心事達”このありがたいお言葉をポエム調にしてみました。 清心事達(せいしんじたつ) (清い心を持ち続けて、事を達成できる。と言う意味) 苦しみや恐れ、不安はおのれが作り出した幻想である。最も大切なのはおのれ…

人生はマラソンの如し、短距離走では無い! 「"切り花"的な人生より”大地に根ざした球根”のような人生を」-ライフワークの思想 外山滋比古氏 からインスパイアされたこと-

ライフワークの花という考え方 Amazon CAPTCHA <引用><感想> 外山滋比古先生の本からは読む度に学びがあります。 その中でもライフワークについて書かれています”ライフワークの思想”の中から感銘を受けた「ライフワークの花」という考え方について投稿…

少子高齢化でこれからどうなる?

こちらは日本の人口ピラミッドです。日本人の年齢構成は1950年→2000年→2050年(予想)と正三角形から逆三角形へと変化しつつあります。この100年で一気に少子高齢化が進んでいることが分かります。 少子高齢化が進み、全体の人口が減っていくのがこれからの…

奪われるサラリーマン

サラリーマンの苦しさ サラリーマンは国から収奪の対象となっています。 国が国民から平等に税金を徴収し、それを公平に再分配するのであれば問題はありません。 社会保障制度が破綻の危機に瀕することがあっても、国民の合意で受益と負担の割合を再調整すれ…

ムヒカ氏 広島で「倫理を伴わない科学は、想像もできない邪悪なものに利用されかねない。地球上で人間だけが同じ過ちを繰り返す」と記す。

ムヒカ氏が最も訪れたかったという場所、広島市の原爆ドームに到着で「ここに来ることは、義務であり、光栄なことです。若い世代が(原爆のことを)忘れないように、貢献していきたい」と述べられたそうです。 広島平和記念資料館では、沈痛な面持ちで、当時の…

短距離走ではなく「人生80年として、、、ライフワークをどう考える?!」

人生をマラソンととらえる-外山滋比古先生 「ライフワークの思想」からインスパイアされたこと 僕は今まで人生を短距離走のように捉えて生きていきました。 人生を84年、マラソンとして捉えてみると、最初の10年は幼年期、10歳から45歳が往路、46歳から80歳…

会社員は辞めたほうがいいの?

「会社員は辞めたほうがいいかどうか?」 最近この類の質問をよく頂きます。その時にこう答えるようにしています。 ”卒サラ・脱サラして税金・社会保険費のコストを下げる事と会社員・サラリーマンとして組織の一員として利益を得る事のどちらを選ぶかは、各…

外山滋比古 「ライフワークの思想」から感銘を受けた「ライフワークの花」という考え方

外山滋比古先生の本からは読む度に学びがあります。 その中でもライフワークについて書かれています”ライフワークの思想”の中から感銘を受けた「ライフワークの花」という考え方について投稿してみました。 自分のライフワークが見つからないと悩んでいる方…

毎日安全に暮らせるということ

はたやんはサラリーマンになってから20年、会社勤めをしながら起業をするまでは、 (昨年正式に会社を辞めてサラリーマン起業家としての活動を卒業) 振り返ってみると、ほんとに”我慢”とか”奴隷労働”とか、そんなイメージが残っています。 もちろん、人と同…

独立・起業する人が 抱える「3つの不安」と「3つの重圧」

これまた、はたやんが個人的にアドバイスさせて頂いているクライアントさんのお話です。今では新事業を立ち上げてから5期を迎え、 立派な社長さんとして会社を切り盛りし業界内でも着々と地位を固めています。 この方がまだはたやんと出会うか出会わないかの…

サラリーマンショック

はたやんアメリカ企業の日本法人で10年以上働かせて頂きました。会社内では銀行出身でMBA取得者が2年〜3年毎に出たり入ったりして、頻繁に部署の責任者がコロコロ変わることは日常茶飯事でした。 1〜3年で上級管理職や部長クラスが変わっても現場業務は全く…

会社に友人はいませんでした。

はたやん、会社に友人いませんでした。 リーマンショック後からです。 当時はかなり心が病んでいたのと、 かなり心を閉ざしていたので 毎日仕事で顔を合わせているのに、 同僚とプライベートで遊びに行ったり、 休日に同僚のパーティーに参加する事の意義を…

自分をビジネスにしてみよう④ ナンバーワンでもオンリーワンでもなくていい。

さて、「5つの質問」と「3つの視点」をとおして、 あなたの発信するべき価値やメッセージが、 なんとなくでもイメージできましたでしょうか? 初めはなかなか思ったようにハッキリしてこないかもしれません。 しかし何度も取り組んでみてください。 必ず慣れ…

自分をビジネス化する『伝えるべきメッセージを発掘するたった5つの質問』

「平凡な人生を送ってきた自分に、人に伝えるに値するメッセージがあるのだろうか?」「会社でもたいした肩書きも実績もなく、人に話すべきメッセージがあるはずもない」 この気持ち少なからず感じたことがあるかもしれません。 ほんとによくわかりますよ。 …

スモールビジネスで大切なこと

はたやん サラリーマン事業家の時期を含めて、 スモールビジネスではありますが5期ビジネスをリードしてきました。いつも心がけてきた事がいくつかあります。一つは「現状に満足せず、更に知ろうと努力し続ける事」です。 事業を推進するリーダーが極端な話…

マスターヨーダーの言葉(笑) -You must unlearn what you have learned-

You must unlearn what you have learned. (これまで)覚えたことを全て忘れるのじゃ。 ご存じの方が多いとおもいますが「スターウォーズ」のヨーダーのセリフです。主人公のルークスカイウォーカーへの投げかけた名言ですね。ご存じの方が多いとおもいます…

国家・会社は守ってくれない

数年後に世界の大イベントであるオリンピックが開催される予定であるのに、何故か心なしか元気がない感じがします。人生、お金、仕事、家族、心、、、今、不安の時代に取り込まれています。社会全体に閉塞感といいますか、暗く冷たい感じで覆われているよう…

文章コンプレックス克服の為のブログ活用法

はたやんがBlogを初めてから丁度今日で26日目になります。 当初は文字を書く事への抵抗、マインドブッロクを解除する事が目的で、趣味であるカメラや旅、セミナーに参加しての学び等を気軽に書く事から始めました。でも、思っていたよりも慣れたのか? マイ…

5年前の私、今の私 〜住まいについての意識の変化〜

今週のお題「わたしの部屋」はたやん東京に引っ越して来てちょうど5年が経つのだけど、当時サラリーマンの頃は週の殆どが出張生活だったから、羽田空港、成田空港、東京駅、銀座にアクセスが良く、 眺望が良く、 日の出が見える場所が良くて、比較的静かで、…